みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第7章 第七話 気付いた恋心と終焉
(どれ位の力で握ったらいいのかな? 思いっきりじゃ痛いだろうし。僕としては亮輔兄ちゃんに気持ち良くなって欲しい)
真剣にンーと考える優夜の時間が長かったのか、はたまた亮輔の恥ずかしさが限界に達したのか判らないが亮輔が不意に尋ねる。
「優夜? そんな所で何してるの? 」さすがに痺れが切れ始めたらしい。少しだけ見える亮輔の顔はヒクヒクと引きつっているように見える。
(エイッ! )
ムギュ……
……
……
「優夜。痛い」痛みを堪えながら頑張って言ってる悲痛な声が優夜に届く。
「ごめん」謝りながら力を緩めはするものの優夜は手放す気など更々ない。
ズボンの外から形をなぞり亮輔のモノを握った時に、固さを確かめるように力をゆっくり入れたり抜いたりする。
(固い。僕のも硬くはなってたけどこんなに大きくないし、気持ちよさそうな声も聞こえない。気持ちよくないのかな? 僕って下手糞? よし! こうなったら奥の手だ! エッチビデオでしてた奴しようっと。でも、口に入るかな? こんな大きいの)心の中で決意を固めると一旦名残惜しそうに亮輔の大事なものから手を離す。
「ありがとう。もういいから」亮輔はこれ以上はやめてくれと言いたそうだが、そんなのは今の暴走してる優夜に届く事は無い。
バックルに手をかけゆっくり外す。
だんだん自分の心臓と呼吸が速くなるが、今更引いてしまっては男がすたる。
ジーパンのボタンとチャックを開け、下着の上から優しく触っていく。
(ズボン越しだから駄目なのかと思ったけどやっぱりパンツ越しでも駄目か。直接なら大丈夫かな? )
鼻血が出そう。
でも、亮輔兄ちゃんの為なんだから頑張らなきゃ! 
そっとパンツのゴムに手を掛け、そっと引き下ろそうとする。
優夜の気持ちと心臓の脈が最高に速くなり、優夜自身も反応を見せ始めていたのだが、自分の事よりも今亮輔にしてる事の方が、今の優夜にとってはこの上ない喜びだった。
しかし、下着を下ろそうとする手は誰かの手によって抵抗される。
抵抗する手の持ち主は言わなくても判ると思うが……
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ