みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第63章 第六十三話 優夜の子育て日記その4
皆と合流すると、支払いを済ませて車に乗り込んだ後当初の目的であるスペースワールドへと車を走らせる。
車の中で昨晩の盛んだったであろう克俊の為に出来るだけ腰に負担の少ない乗り物にしようと話をした。
克俊自身は遠慮してたけど多数決で強引に決定事項にしてしまう。
スペースワールドに着きチケットを買うとそのまま入場する。
まだ朝ご飯食べて無かった僕達はそのまま食事所へと足を向ける。
入り口から左へ曲がり、そのまま少し進んだ所にあるクッキンプラネットっていうお店に入っていく。
和食から洋食まで種類が豊富で僕は好き。
克俊と光啓は初めてだからキョロキョロしながら付いて来てたけど、康宏達は僕と亮輔が行き慣れた場所ということを知っていた為任せるの一言。
クッキンプラネットの場所だけど、惑星アクアの前にあるんだ。
目印がお店の上にある惑星。
テーブル式のお店で飲み物とかデザートもあるから普通に過ごせる。
食事を済ませ、僕達は次の場所へと向かう。
克俊の腰があるから次の目的地はギャラクシーシアターっていうアトラクション。
これは始めてみる人はあっかんするはず。
スクリーンがビル七階分に相当するみたいで、音も大迫力なんだ。

お昼ごはんを食べてしばらくアトラクションを乗ってると小腹が空いてきた頃に亮輔の携帯がけたたましく鳴り響いた。
電話に出た亮輔の表情が時を追う毎に険しくなっていく。
子供二人を康宏に任せて国久と僕の二人はいつでも動き出せるようにその場で亮輔からの指示を待つ。
電話の内容を簡単に説明すると、今開発中の商品が何故かライバル会社で発売を始めたらしかった。
開発中の商品の重要性は会社の命運を左右する程の金額を投入している商品。
国久にも運転等で康宏と同行動をしてもらい、僕と亮輔は一足先に飛行機で急遽会社へと向かう。
272
最初 前へ 269270271272273274275 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ