みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第62章 第六十二話 優夜の子育て日記3
翌朝目覚めると目の前に居る亮輔が嬉しそうに微笑みながら僕を見つめてる。
じたばたし始めた僕を最上級の微笑みと優しく包み込んでくる暖かい腕が僕を抱きしめて、落ち着かせようとしてくる。
「優夜って本当にいつになっても可愛いな。何だかどれだけ時間が経っても付き合い始めたあの時みたいな気持ちになってくるよ」僕に聞かせるわけでもなく一人静かに告げてくる大好きな声音。
その蕩ける様な声に亮輔の胸でしっかり脈打つ心臓の音とシンクロさせながらいつまでも大好きな曲を聴くみたいに陶酔していく。
虚ろになっている僕をチャイムが呼び戻す。
「優夜兄ちゃん。そろそろ時間だよ。早く起きて用意しないと置いて行っちゃうよ」朝一で元気な声を聞かせてくる康宏に少しだけふてくされたけど、子供達より後に集合予定にしているホテルのロビーに駆けつけるのだけは絶対に嫌だった。
温かい腕を渋々持ち上げて用意すると何故かベットに横になったままの亮輔。
昨日僕が寝た時は確かにパジャマだったのに何故か僕が着替える時には普段着のまま横になってた。
(亮輔ぇー! 皺になるから寝る時はパジャマで寝てよ)半泣きが入りそうな勢いでへこんでくるがそれでも、今は亮輔と言い争ってる時間は一秒だって存在しないんだ。
何とか子供達より早くロビーに行かなくちゃ! 
「亮輔! 早くロビー行こう。ほら布団に潜ってないで急いでよ! 」なんとも自分勝手な発言なんだろうと頭の片隅で思いつつ亮輔の腕を引きずりベットから落っことす。
さすがにそのまま廊下に出そうな勢いを見せ始めた僕に亮輔は渋々自分で起き上がり歩き始める。

ロビーに着いたのはそれから五分後。
待っていたのは康宏と国久の二人だけ。
(よし。子供達より早く来たぞ)と密かにガッツポーズをすると隣で康宏が突っ込んでくる。
「優夜兄ちゃん何子供と張り合ってるの? あ! 光啓達来たよ」視線を廊下に戻した時に康宏が子供達の到着を教えてくる。
恥ずかしそうに頬を染めつつ、腰を摩る克俊、光啓は克俊の体を気遣うようにゆっくり歩きながらたまに何かを聞きつつ二人共歩幅を合わせてやってきた。
そんな二人を僕達四人は優しい眼差しで待つのだった。
271
最初 前へ 268269270271272273274 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ