みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第7章 第七話 気付いた恋心と終焉
(もしかして、亮輔兄ちゃん僕が居るからここに居るの嫌なのかな? )
「亮輔兄ちゃん。僕が居るから部屋出たいの? そうだ!いい事思いついちゃった」こういう時の僕はろくな事を思いつかないのだという事を後に亮輔は否応なく知ってしまう事になるだろう。
「別にそうじゃないけど……ただ、ちょっとだけトイレ行かせてくれないかな? 」さすがに初心な優夜でさえ判ってしまう。トイレでナニをするのかを。
「だーめ。さっきも言ったでしょ。いい事思いついたって」全く悪い事(優夜にとっては自分の気持ちを確かめる為に一番確実な事らしい)をしようと企む表情ではなく、あくまで双方の為に一番良い事だと言い切るような自信に溢れた表情をしている。
「いい事ってなに? 」恐る恐る尋ねては見るものの、優夜の頭の回転が妙に速いと感じてる亮輔にとって素直に言ってくれるかどうかは不明すぎる。
「な・い・しょ…」最後に大きすぎるくらいのハートマークが引っ付いているのだが、亮輔はあえてそのハートマークを無視する事にしたようだ。
「内緒って…言ってくれないと一緒にするって言わ…」ふと亮輔の視線は優夜に注がれたのだが、言い終わる前に誰にも言いたくもない恐怖が口を閉ざさせる。
優夜は涙を少し貯めながら手にしていたのは、右手にぬいぐるみ。左手にもぬいぐるみ。その上簡単に手が届く所に大量のぬいぐるみを山積みしていた。
「あ、あのね。優夜。もしかしなくてもそのぬいぐるみの山は」その先は怖くて聞きたくないらしい。
「当然。言わなくてももうそろそろ判ってるんじゃないの? このぬいぐるみの数の理由……」
おいおい。もしかしてそのぬいぐるみの山は、ほぼ投げられる為だけに存在してるのか? 母親が怪我をしないようにと買いだめたのか? 
ちょっと私作者は我侭プーの母親に確認を取って来ます。

「わかったよ。僕の降参。もうどうにでもして」両手を挙げ降参のポーズをとる亮輔に対して、優夜は貯めてた涙は何処へやら、ニパッってな感じでニッコリ満面の笑み。
「そしたらこっち来て」一秒でも待てない優夜は亮輔の手を引きベットの布団に二人して入りなおす。
優夜は布団の中にモゾモゾ潜りこみ、亮輔の股位で静かに動きを止める。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ