みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第59章 第五十九話 これからの二組
空港に着くとチケットを渡してくれた。
行き先を見ると、オーストラリア。
コアラとかカンガルー見れるかな?
カンガルーとボクシングしてみたい。
僕とカンガルーどっちが強いんだろう?
ウキウキしながら飛行機に乗り込み、暇だった僕は数日の疲れを取る為眠った。
飛行機を降りて空港を出るとそこで待ってたのは、何故か両親と亮輔のお母さんとヤクザさん。
ヤクザって言っても国久の実家と育ててくれたお母さんの実家のやくざさん。
でも、何でこんな所にみんなしているのかがわからず康宏と顔を見合わせる。
それから僕達はホテルに連れて行かれ外に出ることも無く書類の山と格闘させられる。
仕事でもないのに書類の山と格闘って。
全部英語で書いてあるから訳も判らず言われた通りに書く。
せっせとみんなで終わらせたかと思えばもうとっぷり日は暮れていて晩御飯を食べたら疲れてそのまま寝てしまう。
翌日には役所関係をひたすら回る。
それだけで一日が終わった。
オーストラリアに何をしに来たのか判んなくなってきた僕と康宏は諦めモードでホテルの布団にへばり付く。
二人して駄々を捏ね首を振り回し布団を奪われないようにしっかりと握り締める。
それでもゆっくりさせてくれない意地悪な亮輔と国久は僕たちを叩き起こすと着替えさせ次なる場所へ向かった。
その場所に着いた時感嘆しか口から出てこなかった。
見る限り自然の大地と山。そして一軒だけ立つ教会。
迎えてくれた神父さんに何か亮輔と国久が話してるけど、僕と康宏はただ広い大地に圧倒され続けた。
その風景を見せる為に連れてこられ訳では無さそうな雰囲気に亮輔の袖を軽く引っ張る。
「亮輔。ここで何するの? 」小声で聞いた僕に教えてくれたのは信じ難い言葉だった。
「言ってなかったっけ? ここで今日二組の結婚式挙げるの。俺と優夜そして国久と康宏二組のね」呆気羅漢と言い放つ言葉に僕は間抜けな叫び声しか出てこない。
「はぁー? 」
僕の一言で僕を含めた合計五名全員が沈黙する。
257
最初 前へ 254255256257258259260 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ