みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第58章 第五十八話 世界一大好きな人
「やぁっ…そこダメェ。もう・・・出ちゃうよぉ……あぁーーーーー! 」目の前に閃光が走って肩で息をし始める。
それでも、僕の中に居る亮輔の指は厭らしく刺激してきて、僕を休ませてはくれない。
「ぁんっ…亮・・・輔の……舐めたい。んぁっ…亮輔の・・・っ…甘いミルク……頂戴…お願いだから」我慢しても止まってくれない僕のミルクは放物線を描いて体を濡らしていく。
ゆっくり抜けていった亮輔の指。
安堵感と共に名残惜しさが増していく。
それでも亮輔のミルクが欲しくてあぐらをかいて座る亮輔の股に顔を埋め、怒張してるモノを咥えなおす。
口の中を真空にして、舌で舐め上げ、顔を上下にスライドしていく。
口腔内でピクピク震えて喜んでくれるモノにひたすらミルクが欲しいと強請る。
亮輔の息があがってきてそろそろかな?って思った時頭の後ろに手を置かれて喉の奥まで一気に貫かれた。
ビクンと震えると亮輔のミルクは味わう事も出来ないで直接喉の奥へと注がれる。
苦しくって涙が滲む僕だけど、本当はちゃんと味わいたかった白濁液を味わえず喉を通っていく方が悲しかったんだ。
その後、泣き喚いて二度目は口の中にちゃんとミルクを飲ませてくれた。
何度も何度も肌を重ね合わせお互いが安心出来るまで繰り返し幾度も重なった体は熱を逃がす事無く蓄えていく。
日が昇っても繰り返された行為が終焉に向かう時にはもうお昼を過ぎていた。
251
最初 前へ 248249250251252253254 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ