みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第58章 第五十八話 世界一大好きな人
それからゆっくりと話してくれた。
亮輔の幼稚園の頃とか小学生の時の話とか。
一喜一憂する僕を見ながら、穏やかな笑みを浮かべて話してくれる。
二人の間にはもう初めて会った時のようなトゲトゲした空気は纏っていない。
どれ位の時が穏やかに過ぎたか判らなかったけど、人ごみを掻き分けて亮輔が出てきた。
全身汗だくで息も切れ切れになりながらも嬉しそうに笑ってた。
「お帰り。長い無断出張だったな。あと、ごめんな。ずっと長いこと家空けたりして。安心して母さんと会える様になるまで優夜を安全な場所に居させたかったから。本当にごめん」抱きしめてくれる暖かくて力強い腕の中で静かに亮輔の背中に自分の腕を回して抱き付く。
「二人共、公衆の面前でする事じゃないでしょ? とりあえずタクシー呼んであげるからちゃんと何でも出来る場所に行きなさい。あと、結婚式は私も呼んでね? 」ウインク一つ残すと携帯でタクシーを呼びそのまま亮輔のお母さんは人込みに紛れ込んで行った。

病院に戻って当然看護士さんからのお叱りがこってり一時間受け、そのままロビーで話す許可をこじつける。
話を聞くと真相は至って簡単だった。
なぜ僕と康宏だけ置いてけぼりにしたのかは二人共理由は違っても最終的に一致する所は一緒だったらしい。
亮輔の場合は二度とあんな危ない目に僕を合わせたくなかったらしい。
一方国久は康宏が僕の落ち込んでる姿を見て康宏に負担を掛けたくなかったんだって。
何で僕達二人に何も言わなかったのか聞くと今度は二人共口を揃えて言ってきた。
何て言ったと思う?
僕達に言うと勝手に行動起こして危険になったら嫌だって。
それを聞くともう何も聞く気が失せちゃって溜息しか出なくなっちゃった。
康宏が控えめだけど口調は強く聞き始めた内容は僕も気になった。
「じゃ、何でラブホテルとかに行ってた訳? 」
確かにファミレスとかでも二十四時間営業してるし問題は無かった筈なんだ。
康宏の疑問は亮輔が教えてくれる。
248
最初 前へ 245246247248249250251 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ