みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第57章 第五十七話 理解
目が覚めるとそこは見覚えのない天井。
まるで小学校の保健室みたいな天井があった。
顔の隣にはカーテンがあって数十秒呆ける。
隣には誰も居ない。ドアはちゃんとついていて今寝ている場所が何なのかを理解し始めた時少しずつ鮮明になる頭の中で何かが揺らめいている。
ベットとは逆にある窓を覗くとそこから差し込んでいる風景は見覚えがあった。
忘れたくても忘れる事の出来ない風景。
町並み。
一番戻りたい街であり一番帰りたくない場所。
今住んでいる場所は電車で何時間も乗り続けなければたどり着けない場所のはず。
田んぼがあってあぜ道に囲まれてて静かでのどかな風景が広がっているはずなのにこの窓からは高い高層ビルと色んな所から漏れている光が見える。
ゆっくり体を起こして窓に近付きそのままへばり付く。
心の中にあるものは今亮輔は何をしてるんだろう?という疑問だけ。
何故戻ってきているのかもわからない。
遠くからでもいい。亮輔に触れれなくてもいい。
ちゃんと元気で居るのかだけでも知りたい。
廊下に続いているであろうドアに近付いた時に肌蹴ている布団が目に付いた。
ベット近くに書いてあるネームプレートを見た時そのまま足を止め、ネームプレートに釘付けになる。
そこには確かに書かれていた。
名前と性別と生年月日が。
康宏、男性、そして僕の知っている康宏と合致する生年月日が記載されている。
なんでここに康宏のネームプレートがあるの?
どこに行ってるの?
暫く待ってみたけど戻ってこない。
そっと廊下に出るとナースステーションで見つかっては意味がないからしゃがんで見えないように注意しながらロビーへと向かう。
245
最初 前へ 242243244245246247248 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ