みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第6章 第六話 優夜の教育!?先生は亮輔?(R18指定)まだまだ無料です!
自分では気付かないのだがパジャマ越しのみに焦れた優夜の体は自然と亮輔の手に固くなった物を押し付け更に高みへと行こうとする。
「ぁっ…はふ…ぁっ…」
でも、いつまで経っても亮輔の手はパジャマの外からしか刺激してこなくて、決定的な刺激が欲しくて懇願してしまう。
「亮…輔兄ちゃ…ん…お…願い…直接…んふっ…触って…ぁんっ」
ツツツーっと手がお腹まで上ってきてパジャマの上着を脱がし始める。
それとほぼ同時に耳を甘噛みされそのこそばゆさに首が引っ込む。
上着を脱がし終わった今だけは意地悪な亮輔の手は胸にある両方の小さな突起を執拗に弄る。捏ねくり回したり、つまんで捻ってみたり、はたまた押しつぶしたり。
「んっ…ソコ…やっ…お願…い…ぁっ…ダメェ…」どれだけ懇願しても意地悪な手は僕の胸についたスイッチを弄ぶ。頭がフラフラになる程にイヤイヤと首を振り回すのだが、そんな事で止めてくれそうに無い。
左胸のポッチを弄ってた手がユルユルと鳩尾を通り抜けお腹も素通りし、パジャマだけではなくパンツの中に意地悪な手が進入してきてやっとで望んでた快感が得られるとホッとした時、左胸の空席になったポッチが暖かくて、ヌメヌメしたナメクジが這い回り始める。
びっくりしてゆっくりと下を見たらそのナメクジは亮輔兄ちゃんの舌だった。
息を継ぐのもやっとの状態である優夜に更に追い討ちを掛けるかの様に下腹に粘液を出していた厭らしい性器を亮輔の手が触れてしまえば、壊れそうな物を扱うようにやんわりと掴む。
その感触が堪らずにまた啼かされる。
「んー…ぁんっ…ぅんっ…ぁ、あぁ〜…」高められてはギリギリの所で落ち着かせられるこの苦しさは快楽を初めて経験する優夜にとって『生き地獄』、もしくは『快楽の蟻地獄』状態。
「お…願…い…んっ…イカ…せて…んふぅ…もう…駄…目…あぁん…」うわ言の様に呟くが優夜自身何を言ってるのかもう判ってない。ただ、この苦しさから開放して欲しい。それだけを願っていた。
ユルユルと触っていた小さな性器が少しずつラストに向けて早くなっていく。
「あぁっ…ぁんっ…んっ…んー…」もう理性の欠片すら残ってない優夜はただ、首を左右に振る。
「優夜、気持ちいい? 」優夜の耳元に優しく囁く亮輔自身も、もしかすると理性が飛んでいるのかもしれない。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ