みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第54章 第五十四話 亮輔の意地悪
気だるい体のまま僕の中心にある一番敏感な部分をゆっくり擦り上げられ、朦朧としたまま意識が浮上してくる。
「優夜。起きた? 俺を置いてけぼりにしないでくれよ」
そっか。やっとの思いで亮輔に入れられた時気持ち良過ぎて一人で勝手にイっちゃってそれからの意識無いから気絶してたんだ。
「亮輔。ごめん。もう大丈夫だから。もう一回しよう? 」ゆっくりと、亮輔の首に手を回し、引き寄せ柔らかくて暖かい唇にそっとキスする。
「今度は優夜が自分でしてくれよ。俺の手も好きに使っていいからさ」隣に寝そべり、微笑みながら伝えてきた言葉と差し出された手に僕は数十秒思考が停止する。

悲しそうな顔をしたまま差し出された手が引っ込んでいく。
急いでその手を掴みゆっくりと自分の胸へ這わせる。
「んっ…亮……輔も、動かし・・・て」おねだりは嫌でも、人の手を使って自分だけ快感を得る為に乱れていくのはもっと嫌。
亮輔の手が僕の小さくて固くなっているボタンを摘み上げ、捻り、押しつぶす。
その度に僕の体は僕の意思に従わず、勝手に反応して痙攣を起こした様に跳ねる。
亮輔の右手をそっと下腹部で脹れ過ぎて痛み出し始めているモノに沿わせ、触れさせた手を覆い、静かに自己主張し続ける貪欲な獣を包ませた。
左手はそっと胸から口に運び指を咥えてはわざとらしく音を立ててむしゃぶりつき、次の指を咥える。
しっかり濡らしてそっとお尻に亮輔の指を這わせていく。
反転して亮輔の顔の上に自分の腰を持っていく。
亮輔の下腹部で大きくなって張り詰めてる大好物に急いで顔を近付ける。
「っ…」漏れそうな声を必死に我慢して、そっと口に含めるとねっとりと嘗め上げては口の中で転がしていく。
我慢出来なくなったのか、急に亮輔の手が動き出して僕の体から力が抜け落ちる。
その後はただひたすら声が枯れて出なくなるまで啼かされ続けた。
疲れ果てて二人してクスクス笑い食事を作り食べ終わると静かに僕達はデートに出掛ける。
デートの事は秘密。
僕達二人だけでする気持ちの確認だから。
237
最初 前へ 234235236237238239240 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ