みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第53章 第五十三話 優夜の恐怖
自分自身の中で何かが切れると気がつけばとんでもないことばかり仕出かしてる。
次はいつその衝動が来るんだろう? その時亮輔の隣に居れるのか? 亮輔は僕なんて見限ってしまうのではないか? 
湧き上がる不安でさえ処理出来ないというのに、人の事まで考えようとしてしまう僕はやっぱり最低な馬鹿野郎なんだろう。
警察に見つかる前にそそくさとその場から散り散りになった僕達だけど、それでもやっぱりあの時殺せなかった僕は未練がある。
人として間違っていると思うけど、それでも、僕の……僕だけの亮輔に牙を剥いたアイツが憎い。
こんな僕なんて人から好かれる事自体が罪なんじゃないのかと心の中で天使が囁いてくる。
いくら罪深い僕にだって良心ってのはあるんだ。
その良心が全てを引き裂くような痛みを連れて僕を苦しめる。
何がいけないのかなんてわかってる。
僕自身で抑えられない程膨れ上がってしまう独占欲や大事な人を国久や康宏を守ろうと必死なあまり普通に考えてしてはいけない事を暴走している間にしてしまう弱すぎる僕自身がいけないんだ。
他の人は悪くない。悪いのは僕。
僕自身が、全部僕自身が弱いから招いた残忍な状況なのだから。

その日は家に帰り着いても亮輔から離れれなくてご飯もお風呂もベッドの中でさえも必死に亮輔に縋りついて、甘えて泣いて亮輔のパジャマを握り締めたまま眠りについた。
233
最初 前へ 230231232233234235236 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ