みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第52章 第五十二話 優夜の激怒
「亮輔に何した? わかってんだろうな? 亮輔傷付ける奴は全部僕の敵なの。殺す」振り返りながら言った僕はそのまま男の急所を思い切り蹴り上げ少しだけジャンプするとピストルを持っている手を蹴り飛ばす。
ピストルは地面を転がり、ヤクザはピストルなんて気に出来ないみたいで、股間を押さえて必死にジャンプしてる。
ピストルを拾い上げて、ヤクザの髪の毛を掴むと、自分の方に向かせてにっこり微笑んであげる。
悪魔の微笑みに見えるように。
今更怪我してる手がどうのとか気にしちゃいない。僕の中にあるのは目の前の罪深すぎる罪人の抹消。ただ、それだけ。
「そんなにちんけな物が大事? そう。それじゃ、亮輔傷付けたんだから大事なもの位無くしてあげる。僕に喧嘩売った罰が当たったんだよ」ヤクザが股間を押さえている手にピストルの口をあてがうと、そのままトリガーを引く。
耳を劈くような音が聞こえた瞬間にヤクザの叫びが公園内全体に響き渡る。
「まだ足りないよね? あんたは足りてても、僕が足りないんだ。もう少し付き合ってよ。いいでしょ? 」もう一度少しだけ位置を変えて発砲する。
再び叫び声が響き渡る中、冷静にヤクザの口の中に銃口を入れ込み、にっこり微笑む。
(僕って優しい。この程度じゃ済まさないんだよ? 苦しめて苦しめて地獄の奥底まで引きずりこんで恐怖に身体震わせてそれでも僕は許さない。絶対に許してあげない。亮輔を傷付けた事永遠に許さない。無限に地獄の中を彷徨わせたい。でも、そんな中で僕は許してあげるんだ。次の一発でゆっくり眠らせてあげるんだ。優しいよね? 苦しみ少なくしてあげるんだから。優しいでしょ? )にっこり微笑みながら、覚悟を決めてくれるのを待ちわびる。
数分後に命乞いをし始めてきた。
229
最初 前へ 226227228229230231232 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ