みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第51章 第五十一話 皆の為に出来る事
「よく一人で来れたものね。そこまでして認めて欲しいってのは理解してあげる。でも、私は貴方なんて認めれないのよ。あの子の為に。だから優夜君?にとって一番亮輔の隣に居たくても居れないようにしてあげる」冷たく言ってきた言葉は冷や汗で背中に張り付いたシャツが風で冷やされ僕の体は震え始める。
(亮輔。嘘付いて出てきてごめんなさい。また僕迷惑掛けちゃう。亮輔。ごめんなさい)だんだん目に涙が溜まってきて頬を滑っていく。
ヤクザの手が僕の服に触れ破り始めるとヤクザの後ろから聞きなれた声が響いてくる。
「あれあれ? 何やってんだ? っておっさん達の中に居るのは優夜だろ? 」
「助けて! 亮輔! 嘘付いてごめんなさい」嗚咽が混じりつつそれでも懸命に言う。
「やっぱり優夜か。手前達(てめーら)可愛い優夜に何やっとんじゃい。俺達に喧嘩売っとんのか? 殺しちゃる。康宏! ハジキ貸せ」
ハジキ? ピストルの? 拳銃?
……
何て怖いもの持ってるの? それも康宏? え?
一気に声の主と僕までの道が開かれ、誰が居るのかが丸見えになる。
そこに居たのは声を掛けてきた国久とハジキ渡そうとしてる康宏。
「どうぞ。今だけは優夜兄ちゃんの為に渡してあげる。僕の取っておきは僕が使うけどね」康宏は国久に黒い物体を渡すと自分も後ろポケットから物騒な黒いものを出して構えた。
226
最初 前へ 223224225226227228229 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ