みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第50章 第五十話 拭えない過去
亮輔はこの夜空を見ながら何を想っていたんだろう?
何を考えていたんだろう?
過去を振り返っても無駄なのかもしれない。
でも、僕は知りたかったんだ。亮輔が想った気持ちを。知らなきゃ駄目な気がしたから。
闇に光を届けている満月を見つめ考える。
考えたとしてもわからないかもしれないけど、知りたいと望んだのは僕自身。
(亮輔。亮輔はこの満月見ながら何を想っていたの? やっぱり痛かったよね? 苦しかったよね? 辛かったよね? )涙で歪む満月。
ゆっくりと流れ続ける雲。止まる事をしらない涙。
何も知らず、のほほんと過ごしてた僕。
自分に腹が立ち、歯痒くて、悔しくて。
でも謝れない意地っ張りな僕。
考えれば考えるだけ闇に飲み込まれてしまう程、弱すぎる僕自身。
自分が弱いからいつまで経っても亮輔を苦しめ続ける。
何時間、堂々巡りを続けたかわからないけど、いつの間にか空は、ほんのり明るくなっていた。
そっと部屋を出て亮輔の隣に行くとベットに潜り込む。
亮輔のシャツにしがみ付いて声を出さないように泣いてたら、眠りの泉に沈んでいた。
222
最初 前へ 219220221222223224225 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ