みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第49章 第四十九話 言の葉と言の刃(ことば)
「親父。悪いけどその話は聞かないでくれ。俺もよく理解してるわけじゃないんだ。でも、ここに居るのは確かに優夜自身で間違いないし俺はそれだけで十分なんだ。だから優夜の話は聞かないでくれな」僕をソファーに下ろしながらお父さんに言うと僕におつまみとビール持ってきてと頼んでリビングの椅子へと座る。
(もう! 何で僕一人を置いて行っちゃうんだよ! それにね、車運転してきてビールって! 飲んだら帰れないでしょ? それとも車今日置いていくの? )気持ちの中では怒りつつも久しぶりに感じた実家の空気にやんわり和やかな空気になってしまう。
台所に行き、仕方なく亮輔のおつまみを作る。
「優夜。あなた大丈夫なの? 亮輔君とはうまく行ってる? 」調理しながら隣で合間に聞いてくる母さんが何だか懐かしい。
やっぱり母さんは覚えててくれたんだ。僕が亮輔を好きな事。
「大丈夫だよ。うまくやってる。それよりも母さんこそ大丈夫なの? 元気にしてた? 」素直な気持ちを言えるのは亮輔と母さん他には国久と康宏とか位かな?
「私達は大丈夫よ。それよりも腕どうしたの? 怪我したの? 擦り傷? 」心配そうに眉間に皺を寄せながら聞かれてしまった。
「大丈夫」にっこり微笑んで答えながらそれでも亮輔専用ビールのおつまみを作る手は止まらない。
何度か作ったんだ。動脈瘤が破裂した後回復した時に。そしたら亮輔気に入っちゃって……
それ以来亮輔のおつまみを作るのは僕専用のお仕事みたいなものになっちゃった。
217
最初 前へ 214215216217218219220 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ