みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第49章 第四十九話 言の葉と言の刃(ことば)
病院を出た所で夜食の材料の買出しがあるからと言う康宏と別れて、二人で亮輔の家までの道程をひたすら二人で歩く。
「優夜。お帰り。もう俺の傍、離れたりするんじゃないぞ? 迷子になるな。優夜だけは俺の隣にいつも居ていいんだから。何度も教えただろ? 」帰り道亮輔が言ってくれた言葉。
何度も言われてるはずなのに涙が止まらないほど嬉しいんだ。
もっともっと亮輔の口から聞きたい。泣きたくなる程嬉しくなる言葉もっといっぱい言って欲しい。
だから僕も言わなきゃ。言って欲しい言葉があるからこそ僕が恥ずかしくても言わなきゃ。自分の気持ち伝えなきゃ。
「亮輔。愛してる。大好き。もう離れない。離れたくても離れれないよ。亮輔無しじゃもう生きれないもん。ずっとずっと、ずーっと僕の隣で抱きしめてて。捕まえてて。ずっと……」僕の言葉が言い終わる前に塞がれる。大好きな唇に僕が言おうとしていた言葉も全てを飲み込まれ深く口付けられた僕はうっとり酔いしれるように亮輔を抱きしめ口腔内で亮輔の舌を迎え入れる。

「二人ともなに気持ち悪いことしてるの! 今すぐ離れなさい! 」何故か響いてくる甲高い声。
僕が今現在一番会いたくない人の声。
でも、この人が居なければ亮輔と会えなかった。そう思うと感謝さえしてしまう。
「居たの? 母さん。もう優夜に関わらないで。これ以上優夜傷付ける様な事するんだったら本気で怒るからね」
「亮輔! 私は貴方の幸せを一番に考えて」
「そうですか。それじゃ、優夜。行こうか」それだけ言うと僕の左手を引っ張りどこかに連れて行こうとする。
「りょう…すけ? えっと、亮輔のお母さん。さっきはごめんなさい。ついカッとなってしまって。でも、僕は亮輔の事大好きなんです。愛してるんです。何を代償にしても構わない位。あいして…」
「優夜。もういいよ。何言っても無駄だから。そこに居たいなら好きなだけどうぞ。暫く帰らなければいい話ですから」亮輔は言い終わるのとほぼ同時に反転し、どこかに行こうとする。その手を僕が引っ張って止めた。
「亮輔。亮輔のお母さんが言いたい事僕判るよ。亮輔はどう考えてるのか僕は良くわからないけど…でも、皆から祝福されたいって思うの僕の我侭? 」嫌われたら嫌だけど今まで黙ってたから亮輔の事不信に思ったりしていつもどちらかが苦しんでた。
214
最初 前へ 211212213214215216217 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ