みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第48章 第四十八話 亮輔と僕
「母さん! それ以上は言わないで」亮輔の口調が前よりも遥かにきつくなってる。
「何よ! 当たり前の事言ってるだけでしょうが! 間違っているなら私も謝るわよ? でも、あってるでしょ」
「あってるかあってないかって言ってるんじゃない! もう言うのを辞めてと言ってるんです。これ以上優夜を傷付けないでください」きっぱり言い切る亮輔は僕が知ってる中で一番かっこよかった。
でも、一緒に居るならやっぱり祝福されたいって思うのは僕の我侭かな?
横から抱きなおしてくる亮輔に抱きついてもいいのかわかんないまま左手をウロウロさせる。
すると、康宏が僕の手を握って亮輔に抱きつかせてきた。そのまま大好きな人を抱きしめる。
病室に何故か複数の看護婦さんが乱入し亮輔のお母さんはどこかに連れて行かれた。
部屋に居るのは亮輔と康宏と僕だけ。
気心知れた三人だけ。安心する。
苛立ってた気持ちも暗い気持ちもどこかに捨て去られていくように心底から安心できるんだ。
僕達三人はそろってナースステーションに行き病院嫌いの僕の為に一緒に退院のお願いをしてくれた。
213
最初 前へ 210211212213214215216 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ