みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第47章 第四十七話 二度目のラブレター
「氷堂(ひょうどう)さん。もう演技なんてやめてくれない? 飽きちゃったよ。他の男を何人も引っ掛けてお金騙し取ってさ。それに僕は京哉じゃないんだよね。今更どっちでもいいけど。京哉君は本気であんたに惚れてたんだよ? あまりに好き過ぎてどんどんお金無くなって最後の最後にはあんたなんて死んじゃえ! って叫んでたくせに。多少お金持ったと思うとまた擦り寄って。馬鹿の一つ覚えも大概にしないと警察に捕まっちゃうよ? 京哉君の最後の言葉だけ伝えとく。氷堂さん。もうやめて! こんな事もう辞めてよ! どうして僕一人で満足してくれないの? どうして? どうして? 助けてって言いながら死んでいった。僕も好きな人居るからわかるけどさ、全てを捧げた人から裏切られちゃうと何も残らないの。自分が今まで生きてきて学んできた事さえも……全てが壊れちゃうの。だから京哉君は泣きながら死んでいったんだよ。誰も信じられないまま」なにかを言う度に僕の目から耐え切れない涙が頬を伝わり続けた。
だってもしも僕が亮輔から同じ事されたら僕だって京哉君と一緒の結末を選んでたと思う。そう思うと涙なんて止まってくれないよ! 
「そうなの? なんだつまんないの。もうちょっと遊んであげようかと思ったんだけどな。京哉ってみっともなくて弱いわね。泣くなんて。馬鹿じゃないの? 助けてなんて誰も助けやしないっての! 」肩を揺らして笑う目の前に居る女に初めて僕の中で殺意を覚えた。
(男だって……男だからって強いわけじゃない。自分が弱い所は強がって見せてるだけ。完全無欠なんてありはしないんだ! 男でも一人の人間でしかないんだから。痛かったら男でも泣いちゃうし助けを求める時だってある。泣くのが弱いなんて誰が決めた? 男は助けを求めるなって誰が決めた? そんなの変だよ! おかしいよ! )
「京哉君より遥かにあんたのほうが弱いんだ。誰も信じる力持たなくて、自分にしか感情向けれなくて、あんたが一番…一番醜い! 」ボロボロ流れる涙はそのままにして京哉君が言いたくても言えなかっただろう言葉を吐き捨てる。
彼女は持っていたハンドバックから包丁を取り出して僕に突き出す。
間一髪でかわしたと思った瞬間に右腕に激痛が走る。僕の上腕に突き刺さった包丁の柄を彼女の手ごと左手でしっかり握りしめる。
207
最初 前へ 204205206207208209210 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ