みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第46章 第四十六話 お肌のお手入れ
二人して化粧台の前に座り、僕にとって見たこともないビンが数十種類並べられる。
「えっと、これ何? もしかして全部使うの? 」だんだん並べられていく数が予想以上に多くて不安になってきた僕は康宏に問いかけた。
「うん。全部使うよ。って言うよりも優夜兄ちゃんもしかして何にもしないであの艶々プルプルのお肌キープしてたの? もしそうなら羨ましすぎるよ! 僕にもその秘訣教えて! ニキビとシミは僕が直してあげるから」必死に訴えてくる康宏だけど、正直化粧水だのってこれまで縁がなかったんだ。
それよりも……僕の場合亮輔とエッチしてた時複数ラウンドされた時は中で出されると継続でラウンド重ねちゃうから中出しの次に亮輔が好きな顔射(顔に出す事ね。あれ正直言ってしまうとあんまり僕は好きじゃない。いくら亮輔のモノだからって言っても僕のから出てくる物と大して成分違わないんだよ? )してたからそれがカピカピになるまで僕がめんどくさがり屋で放置してたからそれでお肌艶々?だったのかな? そんな訳ないか。
やっぱり一番大事なのはバランス良い栄養摂取と睡眠だね。
「優夜兄ちゃん? 何で赤くなってるの? 」僕の顔を覗き込み、ペタペタと化粧水を塗りこみつつ聞いてくる。
「いや、なんでもない。お肌のためにしてた事って言っても夜はエッチしたりして寝れなかったから最低バランス良い食事位かな? 」僕が答えると康宏は目を丸くしてたったのそれだけ? って聞いてきたんだ。
「それだけって大切な事だよ? 栄養のバランス崩しちゃうと病気になりやすいし、それに気持ちの変動まで酷くなっちゃう事だってあるんだから。一週間のうちに色々料理教えてあげる」

それから翌日にはすっかりニキビも魔法に掛かったように消えてくれて、一週間、昼は料理教えて夜寝る前は、化粧水の塗りたくり大会? へと変貌する生活を繰り返す。
僕はというと康宏が寝た後で康宏から貰ったレターセットに向かってウンウン唸る日々を迎えたのだった。
203
最初 前へ 200201202203204205206 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ