みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第6章 第六話 優夜の教育!?先生は亮輔?(R18指定)まだまだ無料です!
二人ともベットに入り邪魔なぬいぐるみをガサッと落とす。
優夜本人にとっては兄とぬいぐるみを比べるなんて言語道断。亮輔が隣に居てくれれて亮輔がぬいぐるみなんて捨ててと頼めば今すぐにでもゴミ袋にまとめて台所のゴミ出しの時に捨てる場所にさっさと迷わず捨てる位に問題ではない。
亮輔に背を向けて後ろから抱っこされる様にする。
優夜は亮輔の手を強引に腕枕させ自分が満足する為だけに亮輔の手を操る。
やはり亮輔の方が年上なだけあってか、腕は優夜の肩から下半身に伸ばすと下腹部位まで簡単に届いてしまう。
とりあえず優夜は安心して眠りの湖に身を委ね様とするのだが、体と感情が勝手に走り出す亮輔の目の前。簡単に眠れない。
数分ずっとモゾモゾし続ける優夜に亮輔は聞く。
「優夜、どうしたの? もしかして僕が居るせいで寝れないんじゃない? 」亮輔はどうしても今のこの状況から逃げ出したいらしい。
「大丈夫……ただ……」恥ずかしくてそこまでしか言えない優夜なのだが、実際の所自分の体がどうなっているかは本人が良く知っている事。しかし、優夜自身自分の体の変調に思考が付いていかない。否、優夜の思考が付いていかないのはアソコが固くなってるせいではなく、何故今なるのか? それ自体の答えに頭が付いていかないのだ。
「ただ、どうしたの? 言ってごらん」優しく耳元で尋ねてきた声音は精神麻酔みたいに優夜を狂わせ、そして耳元で囁かれた事によって優夜の体は自分で堪えれない程の熱を帯びさせる麻薬にしかならない。
「んとね、○ン○ンが痛い」今すぐ亮輔の前から消え去りたい。恥ずかしすぎて頭の中はパニック状態の優夜だが性教育は一応受けてはいる。どうやったら治まるのかも知っている。でも、そんな事は今の優夜にとってどうだって良くて、一番恥ずかしいのは亮輔で勃起してる事実に他ならない。
自分を使って国久はからかう奴だから何度と無くエロビデオを見せられてる。だからお子様が抜け切れないからといって優夜を普通の小学校5年生と思っちゃいけない。ただ、普通と違っていたのは、優夜の場合母親がどうしてもお風呂を一緒に意地で入ってくる為、どんなエロビデオを見ようとも母親に重なって見えて全く欲情等出来るはずも無く下半身に反応が無いのだった。と言うか精通もまだ終わってない心も体もお子ちゃまなだけなのだが。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ