みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第43章 第四十三話 ラブレター
世界で宇宙一大好きな僕の亮輔へ。
『多分これが最初で最後の僕からのラブレターになると思う。
そんな気がするから書ける時に書いとくね。
初めて亮輔を見た瞬間からずっと、ずっと大好きでした。
初めは兄弟とか尊敬とかそういった好きかな?って考えた時もあったけど、自分の気持ちを理解した時はもう自分の手じゃどうしたらいいのかわかんなくなってんだ。
イタズラって言いながら嫌な事ばかりしてごめんなさい。
そして亮輔と出会えて嬉しかったよ。
亮輔の腕の中に居る時は恥ずかしくて安心してずっと永遠に亮輔の腕の中に居たいって、独占したくてずっとずっと迷ってた。
間違って自分の中にある恋愛感情が亮輔やお父さんやお母さんを苦しめる事判ってたけど止めれなかった。
亮輔? 僕はちゃんと生きてたよね?
亮輔の隣で頑張れたよね?
僕は亮輔の為に何かお返し出来たのかな?
死ぬ事はもう怖くないよ。僕自身が喋れなくなる事も体が動かなくなる事も、もう怖くない。
僕にとって一番怖いのは亮輔から捨てられる事だけだから。
亮輔。こんな形で最後のお願い書いてごめんなさい。

僕と別れてください。

これ以上亮輔を苦しめたくないから。
別れよう?
来世でお互い引き寄せられたらまた付き合って?
今度は多分健康で居れるだろうから。
神様に僕が先に行って頼んでみるから。
だから今回はもう別れようね。
ちゃんと異性と結婚して子供作って会社守ってね。
亮輔。いや、お兄ちゃん。
一方的に別れ切り出してごめん。
もう僕も限界だったから。
お兄ちゃんと付き合うのは疲れちゃった。
189
最初 前へ 186187188189190191192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ