みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第42章 第四十二話 絶望
何かを殴る音が聞こえて無理やり現実の世界に引き戻された時、国久が床に倒れてた。
今まで滅多な事では亮輔が人を殴るまで怒った事はこれまでたったの一度も見たことが無い。
亮輔の顔は凄く辛そうに眉間を顰め、歯を食いしばってた。
「康宏! 何で黙ってた! 例えどんな状態になったとしても言ってくれないとわかんないだろ! 確かに俺も優夜に社長辞任した事は黙ってたけど、でも、それ自体命に関わる事じゃないだろ! 」国久を殴り飛ばした拳を握り締めたまま康宏の襟を掴み上げ怒鳴り散らす。
「いっつー。亮輔。悪い。俺が黙ってろって康宏に言った。確かに命には関わるけど、それを聞いてあの時のお前は優夜の前でいつも通りに接する事出来てたか? 二十四時間勉強し続けて、体酷使して、精神も崩壊寸前と思える程酷くて。誰が言えた? 康宏にとどめの一撃をいれる事、俺が許せると思うか? 俺だってそんな役目嫌だぞ! 姫もやっとで亮輔と幸せいっぱいって思えたってのに誰がぶち壊せる? 少しは康宏の気持ち考えてやってくれよ。頼むからさ」
未だ怒りが治まらない亮輔の腕を僕はそっと静かに手を置いて、ゆっくり首を振った。
康宏が悪いわけではないのだから……
静まり返った部屋。
そこにあるのは未来という光じゃなく絶望という闇だった。
また死のルーレットが回っているのだろう。
僕が気付かない所で静かにそっと……
188
最初 前へ 185186187188189190191 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ