みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第41章 第四十一話 快感
「ぅんっ……りょうふけ…ひもひいい・・・じゅる」垂れてきた唾液を吸い上げて、僕の体の中で広げながら入ってくる指の感触に酔い、亮輔のモノを舐めて僕の手は亮輔の意地悪ばかりしてくる腕を必死に掴む。
「そろそろかな…もういいよ優夜。これ以上したら……出ちゃうから」僕の中から抜けていった指を名残惜しげに目で追いながらそっと口を離すように促された手によって口の中から大好きなモノが抜けていく。
亮輔の股についているモノを名残惜しげに見つめていると上でかすかな笑い声が聞こえる。
「そんなに好きなのか? これ。もしかして俺のじゃ無くったって好きだったりして」茶化してくる声に亮輔に向けた顔を顰め僕は亮輔に怒鳴り返すように言葉を吐く。
「亮輔! 僕は亮輔のだから好きなの! 他の人のなんてどうでもいいもん! そんな事言うんだったらもうしない! 」プイと横を向き頬を膨らませる。
そしたらいつも通りに亮輔が謝ってくるんだから。
「ごめん。俺が悪かったよ。優夜は俺のだから好きなんだな。嬉しいよ」僕の体を引き寄せて膝の裏に手を通し持ち上げてくる。
当然今まで亮輔が見ていた光景が僕にすり替わるように亮輔の大事な所の上に亮輔のモノを舐めていた時から反応してる部分が丸見えでとっても恥ずかしい。
「恥ずかしいよぉ。こんな格好やだ。亮輔の顔が鏡越しなんて嫌だ」恥ずかしすぎて目に涙が盛り上がってきて、一粒零れ落ちる。
「優夜。俺の欲しい? 欲しいならおねだりして? あれが最後のおねだりにならないようにちゃんとおねだりしてごらん」爆弾が破裂した時の事を思い出しているのか鏡に映る亮輔は僕よりも辛くて泣きそうな顔をしてた。
胸がきゅーと締められたように痛くなって首を懸命に後ろに居る泣きそうな亮輔の口を求めて振り返る。
ゆっくり唇が重なり舌が絡まってお互いの唾液を交換して少しでもいいから共有を共にする。
「りょ・・・亮輔の…頂戴。僕の中に入れて。お願い。もう我慢出来ない。あぁっ」ゆっくり僕の中を広げながら入ってきた亮輔。
鏡に映る僕は気持ち良さそうに体を震わせながら顔を顰めていた。
浴室全体に反響して僕の気持ちいい声が耳に入ってくる。
僕の喘ぎ声と亮輔の荒い呼吸しか聞こえてこない浴室で僕と亮輔が鏡越しに繋がってるのが丸見えで恥ずかしくて今まで以上に乱れて感じた。
182
最初 前へ 179180181182183184185 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ