みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第40章 第四十話 ておつあいで(手をつないで)
(亮輔。僕に何を隠してるの? 別の人が好きでも、もう大丈夫だから。頭と感情の隅っこで僕の事好きで愛してくれるならもう僕には十分すぎるから。だから、好きな人が出来たりしたんだったらちゃんと隠さず言ってね? だって、変だよ。男同士で好きって。亮輔は社長で何百人の命支えてるんだし。跡継ぎも居なきゃいけないでしょ? 僕だと子供産んであげれない。亮輔の子供どれだけ望んでも産んであげれないの。亮輔の人生奪っていくだけしか出来ないの。だから、僕はいつ捨てられるのかビクビク震えながら待ってる事しか出来ないんだ。亮輔に捨てられる日を。待ってる事しか)いつの間にか涙が流れてて、自分で涙を拭う事も出来ない。
口が裂けても言えない言葉が胸を苦しめてく。
「優夜兄ちゃんどうしたの? 何処か痛い? ちゃんと伝えて。僕も頑張ってわかるようにするから」康宏が僕の涙を拭いてくれる。
(ほら、僕は自分では何も出来ない。トイレも手を洗う事も歯を磨く事も何も、なにも出来ない。誰かの重荷になる事しかできない。亮輔にも康宏にも皆に迷惑しか掛けれない。何も返せない。返すものがない。言葉は喋れても伝わらない。自分で誰かが悲しんでる時や苦しんでいる時隣にそっと寄り添ってあげることもできない)あまりに、無力で虚しくて僕の涙は二人が戻ってきても流れ続けた。
何も出来ない僕自身が出来たのは悔し涙を流す事とこれから先できるだけ早く自分の事を自分で出来るようにする事だけだったから。
178
最初 前へ 175176177178179180181 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ