みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第35章 第三十五話 願い
「亮輔。亮輔の太くて大きいもの頂戴。僕の中に入れて縛り付けて二度と離さないで。お願い。僕の最後のお願い。亮輔の楔に縛り付けて二度と亮輔を忘れられないように僕の体と気持ちに刻み付けて。永遠に消えない証頂戴。亮輔から離れられないように…ずっと……ずっと」永遠にとまでは言えなかった。それを言ってしまうと全部見破られそうで怖かった。
「最後のお願いって……まだまだ一杯一緒に居れるだろ? そんな事言うなよ。俺はいつでも優夜のお願い聞いてやるから。って言うよりももっともっと聞かせてくれ。俺も不安なんだよ。一番に頼られたいしいつでもお前の一番欲しいんだよ。ずっとそれこそ無限に」僕の頭を抱きしめ伝えてくる言葉は優しすぎて罪深い僕にとってありえない言葉だった。
そして壊れないように優しく抱き締めてくれた手が少しだけ怖い。
僕が亮輔に隠してる事を知られているようで。
僕の考えている事も全部赤裸々に見られているみたいに僕を縛り付ける。
ゆっくり僕の中に入ってきた亮輔。
「あぁっ…亮輔…気持ちいいよ……もっともっと・・・深く・・・奥に………入ってきて…」
熱くて苦しくて張り詰めててそして嬉しかった。
たとえ次の瞬間に耐え難い激痛が頭に走ろうと僕は笑うだろう。
嬉しいと笑うだろう。
そして笑って死んでいくんだ。
亮輔の腕の中で……
160
最初 前へ 157158159160161162163 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ