みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第35章 第三十五話 願い
そっと僕の中心に触れてきた手は優しくそして激しく刺激してきて僕自身を翻弄し始めた。
久しぶりの刺激に飢えていた僕の体が反応しないわけが無い。
すぐに自己主張し始め亮輔の指が後孔に触れて中に沈みこんでくる。
嬉しすぎる。でも、これは僕に与えられた罰。
開けてはならないものを開け、亮輔を苦しめる事を判っていて尚、貪欲に亮輔を欲しがってしまった僕の罰。
「亮輔。慣らさなくていい。濡らさなくていい。すぐに亮輔頂戴。痛くていいから亮輔が今すぐ欲しい」
亮輔のズボンを脱がし大好物を握り締め馬乗り状態にした僕はそのまま亮輔の楔を体内に突き立て飲み込んでいく。
「イタッ・・・ひぐっ・・・あぁん・・・」初めてした時より痛くは無いけど潤滑剤が無い為引きつる痛みが走る。
根元まで咥え込んだ僕の汚らわしくて厭らしい体はゆらゆらと揺らめき快感を得ようと動き出す。
(駄目。これは罰なんだから。亮輔に対する僕の罪。気持ちよくなっちゃ駄目! 一秒だって気持ちよくなっちゃ駄目! 僕は大罪を犯してるんだから! 大好きな人の人生狂わせて苦しめて何もかも壊してしまうだけの僕)亮輔に背中を向け背面騎乗位の体制をとり、下に落ちたズボンのポケットから縫い針を取り出し自分のモノにそっと刺す。
「ひぐっー! いったーーーーーい!! 」腰を上下に動かしながら、ゆっくり刺さっていく縫い針の激痛と亮輔が中に入ってる快楽。
翻弄されながらそれでも僕は縫い針を自分のモノに押し込み続けた。
やがて縫い針は貫通しそっと針の先から抜いていく。
痛みで前かがみになる。
ボロボロと涙は流れ続けシーツを濡らしていく。
亮輔が起き上がってきて覗き込もうとしてるのがわかって隠すように全身で必死に隠す。
自分の今からしようとしている大罪を見つかりたくなくて。
針を抜き一息つく暇も無く別の所にゆっくりまた針を埋め込んでいく。
今度は唇を挟んだ歯を食いしばり声を押し殺し痛みに耐える。
自分で刺し貫通した針を抜くのが何度目かわからなくなった頃抜き終わる前に僕の意識は途切れた。
158
最初 前へ 155156157158159160161 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ