みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第32章 第三十二話 不安
「優夜。一体何があったんだ? 大体の事は康宏から聞いたけど。亮輔に嫌な事されたのか? されたんだったら俺に言えよ? 今すぐこのバカぶん殴ってやるから」意気込んで聞いてくる国久の横で康宏の国久へ向く視線が怖い。
(康宏ってこんなに怖かったっけ? もっとホンワカしていつもニコニコ笑顔で人懐っこくて優しい子だった気がする。そうか。康宏もやきもち妬いてるんだ)人のいい所も悪い所も見つけると僕は無条件に嬉しくなってしまう。
だっていい所も悪い所も全部含めてその人だから、何かを知るって事はその人自身を知るって事に繋がってる気がする。
「国久ぁー優夜兄ちゃんばっかり構ってると僕本気で怒っちゃうよ? いいの? 」康宏の声とは思えないほどの低い声が聞こえた途端国久は首から錆びた鉄を擦り合わせるような音が聞こえそうな程カクカクと康宏の方に首を回す。
康宏の顔を見れただろうと思った時には国久の顔面に康宏のグーパンチが思い切り当たり国久は椅子から転げ落ちた。
「国久なんてもう知らない! それと! 亮輔兄ちゃん! いつまで引っ付いてるのさ! 優夜兄ちゃんから聞いたけどお弁当無駄にしちゃったんだって? 優夜兄ちゃん毎日太陽も出てない時間に目を擦りながら起きてきて出勤までに二人分のお弁当と朝ごはん作ってるんだよ? その気持ち無駄にするなんて僕は許さないからね! 今回だけは僕本気で怒ってるんだから! 」国久のほうから視線を亮輔側に向けた途端亮輔の腕が僕を抱きしめる力が増す。
昨日こっぴどく怒られてあの亮輔でさえ康宏の怒りは怖いのだと瞬時に判断できる。
「それに亮輔兄ちゃんは誤解して優夜兄ちゃんのお弁当無駄にしたって意味でも僕は怒ってるんだよ? 昨日の夜、お父さんに問い詰めたら白状してくれたよ! 優夜兄ちゃんは亮輔兄ちゃんの為にお見合いその場で断ったんだって! 何で優夜兄ちゃんに直接聞かずにお父さんの嘘で勝手に勘違いして優夜兄ちゃん虐めるのさ! 」ヒートアップする康宏にそれまでびくついてる亮輔に気を取られてた僕がそっと言う。
148
最初 前へ 145146147148149150151 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ