みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第31章 第三十一話 誤解
「もしもし? 」
「優夜兄ちゃん? 大丈夫? 仕事休んだって? さっき亮輔兄ちゃんドタバタ血相変えて帰ってきたよ? 俺のせいだって言いながら」
亮輔から何度も電話掛かって来てたけど話す事なんて出来なくて亮輔からの電話は全て出なかった。
「そう。亮輔にちゃんとご飯食べさせてね? 僕が居ないとすぐご飯抜いちゃうんだから」何でだろう? 本当に僕の頭って何処をどう切っても亮輔の事しか出てこない。
亮輔に染められてる。
嬉しいけどこんな時は非情な程悲しくなる。
「それは別に大丈夫と思うんだけど、優夜兄ちゃん一体何があったの? もうそろそろ僕も限界なんだけど。って言うより僕じゃなくて国久が暴れて……昨日の夜国久止めるの苦労したんだよ? 帰ってくるなり亮輔兄ちゃんに殴りかかって大変だったんだから! 今晩は理由国久に言わないと僕でも止めれないよ」涙声になりながら昨晩の状態を必死に伝えてくる。
「ごめん。心配掛けちゃったね。あのね、昨日のお昼……」それから僕は康宏に包み隠さず全て話した。
エッチにもつれ込みそうになった事も亮輔を突き飛ばしちゃった事も。
でも、仕事が終わってから後の事は言えなかった。
「そっか。優夜兄ちゃん辛かったんだね。国久が僕にそんな事したりしたらその場で殴りつけて踏みつけて怒鳴り散らして暴れてたと思う。でも、優夜兄ちゃんは我慢したんだよね? 亮輔兄ちゃんの事一番に大好きだから。全て投げ捨てても一番だから我慢したんだね。やっぱり優夜兄ちゃんは凄いよ」優しい言葉を言ってくれる康宏に今まで我慢してた分の涙が一気に溢れ出して嗚咽とも絶叫とも言えない声を上げて泣いた。
落ち着いた頃康宏はもう一晩だけゆっくり気持ち落ち着けて帰っておいでと告げると通話が切れる。
その後は亮輔と初めて繋がったホテルで僕の初めてを貰ってくれた部屋に一人だけで泊まった。
145
最初 前へ 142143144145146147148 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ