みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第29章 第二十九話 優夜の幸せ
ゆっくり僕の中に指が入ってくる。
視線も熱くて一瞬も経たないうちに僕の体の中にはメラメラと快感の業火に焼き尽くされてしまったみたいに理性を吹き飛ばす。
「んっぁ…やぁー・・・・・・あんっ・・・もう無いよぉー・・・無いから・・・・・やめて…やめてってば……」理性なんて小さい頃から微塵も無かったと言わんばかりの僕に亮輔の指は激しく僕の中を掻き回す。
指を折り引きずり出してはまた奥まで入ってくる。
それを何度も繰り返されて意識も朦朧としてきた僕の頭はもう息をする事だけで精一杯。
「ぁぁーーーーーーーーーーーーーー! 」いきなり訪れた爆発は堪える事も出来ずに飛び出して、元気良く出てきた白いソレは僕の胸を汚していく。
「いっちゃったのか。優夜の体って本当はこれが一番好きなんじゃないの? 」クスクス笑いながら言ってくる亮輔の頭を思い切り殴りつけて壁にぶつけて怒鳴り散らしたいが、僕の体はつい先ほど絶頂にイったばかりで体にこれっぽっちも力も入らず、怒鳴ろうと思っても生命活動だけで手一杯。
生命活動出来てる方が不思議かも。
やっとで息も落ち着き始め、さてアンポンタンな亮輔に喝の一つでも入れてやろうかな?と思う僕を余所に僕のお腹を空かせようといきなり掻き回し始める。
僕って変なのかどうかはわからないけど、一回出ちゃうとすぐにまた出ちゃって、気がつくと朝なんて事普通にある。
その後、僕の淫乱な体は亮輔に追加注文され食べられちゃいました。
130
最初 前へ 127128129130131132133 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ