みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第28章 第二十八話 みんなで・・・
いきなりの刺激に康宏は首をひたすら左右に振り、僕の頭を引き離そうとしてきた。
康宏を刺激しながら横目で亮輔を見ると、僕に見せてくれた事なんて一度もない不敵な笑みをしながらなにやら口だけ動かしてる。
国久の顔は康宏にサービスしてる僕には見えるはずもないから一体何をこの二人は企んでるんだ? 
僕の頭の上に覆いかぶさるように国久が倒れこんできて、なにやら康宏に話してる。
康宏も息を荒げたまま必死に頷く。
僕の中で蠢きながら、一層体積を増してきた亮輔は僕の淫乱スイッチに触れないように動かしてて、僕もそろそろ我慢の限界!
「んぅ・・・亮・・・輔・・・んはぁ…ひゃんほひへ……」それでも僕のお願いを聞いてくれない。
今日は特に意地悪な亮輔。
意地悪な亮輔なんて大嫌いって言いたいけど、本当は意地悪な所も優しい所もイタズラ好きなのも全部大好き。
康宏の上半身が僕の下半身に向かう。
亮輔は待ってましたと言いたげな表情で僕の体を康宏に僕のモノが丸見えになるように回転させる。
「はぁっ・・・亮輔・・・お願い…だからもう・・意地悪……しないで…」これ以上我慢してたら僕絶対に亮輔を殴りそう。
僕の頭の中でぬいぐるみをひたすら投げてた小学校五年の時の記憶がフラッシュバックしてる。
あの時はただ、僕が未熟だったんだ。
でも、今は違う。
亮輔のキモチも考える事も出来るし、自分の気持ちも素直に伝えれる。
だからぬいぐるみはもういらない。
それでもムラムラしたりイライラした時はぬいぐるみに八つ当たりしてるけど。
康宏が僕のを咥え込んだ途端いきなり亮輔がラストスパート掛けてきた。
「あぁっ・・・んぅっ…あっ……やんっ・・・」
今まで我慢してた僕の体は素直に全部の快感を受け入れ一気に上り詰める。
快感を強請る体を抑えてた僕の体と精神は呆気ない程簡単にイッた。
康宏より早くに。
康宏に負けた。
ちょっと悔しいけど、でも何をしてきても許せてしまう亮輔がくれるものだから。
僕だけの亮輔…・・・大好き。
僕の口の中で康宏がミルクを吐き出す。
小さいモノから出てきたミルクを飲み干しながら亮輔に有無も言われず第二ラウンドに発展していったんだ。
128
最初 前へ 125126127128129130131 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ