みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第27章 第二十七話 康宏のキモチ?
折角裸で入ってきた亮輔の息子さんに手を伸ばす。
膝を床につき、既に起き上がってるモノの敏感な所を口に誘う。
亮輔が僕の味になるまで丹念に舐める。
横を見ると康宏も頑張って国久の敏感な場所を可愛がってるのが見えて、安心する。
数十分嘗め回して、やっとで僕の味に染まった棒に一時の別れを告げるため、先っぽにキスして、亮輔の体を泡だらけにした。
亮輔の肌と僕の肌を敏感な所まで擦りつけ、体を洗う。
イタズラ好きな手が僕のお尻の孔を刺激してくる。
ゆっくり撫で回し少し入れてはすぐに抜けていく。
それがもどかしくて、入ってきた時に恥ずかしさを堪えてお尻を突き出す。
「あっ・・・んっ」体の中の淫乱スイッチを掠め奥深くまで入ってくる。
入ってくるだけで何も刺激をくれない意地悪すぎる指に焦れて腰を振る。
理性を飛ばす力を持つ快感という名の狂喜に身を投じる。
理性が飛んでる僕は指一本じゃ足りなくて、もっと欲しくて、亮輔の手を掴み、入っていた中指に加え、人差し指と薬指を自分の中に誘う。
急に動き出した指に翻弄され、足から最後の力が抜けた。
自分で立つ事が出来ない足の代わりにお尻にある亮輔の手が僕を支える。
亮輔の首に手を回し、キスしたら蕩けてしまいそうな唇に早くグズグズに溶かして欲しくて僕と亮輔しか触れちゃ駄目な所に唇を重ねてそのまま僕の体は絶頂に達した。
126
最初 前へ 123124125126127128129 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ