みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第26章 第二十六話 誕生日そして三人の欲望?
そっと唇を離すと、康宏の腕が僕の唇を奪おうと力を入れた。
康宏の小さい舌が僕の唇をノックしてきて、そっと唇を開き招き入れる。
罠とも知らずに入ってきた舌を吸い上げ繋がった口を一瞬にして真空にして、一気に攻め立てる。
「んぅ・・・んーーーーーー! 」少しだけ前後した康宏の腰が、砕けたように一気にそのまま落ちる。
びっくりして支え、そのままベットに座らせた。
「へー。優夜が康宏をキスだけでイかせちゃうなんて。優夜は俺で勉強してたのかな? 」僕の頭を撫でながら亮輔が微笑みかけてくる。
その間も康宏は荒い息をついて、体を愉悦で痙攣させていた。

何故か玄関に落ちていたお菓子ばかりの袋と国久が持ってる四角の箱とこれまた一杯入ってるジュースとお菓子の束。
何故にあるのかわかってない僕。
聞こうにも康宏が快感でダウンしてる状態で聞けるような空気ではなく、そのまま素通り。
夜ご飯で頼んだルームサービスも康宏が落ち着いた頃に到着して、血の繋がってない兄弟四人で始めての晩御飯を食べた。
(康宏。一つだけ言うと好き嫌いしない方がいいぞ? )などと思いながらも初めての一緒に食べるご飯だから楽しく食べようと思う僕。
ご飯も食べ終わり、暇になった頃、国久がいきなり電気を消して、三人で何かを隠しながら火を灯す。
康宏が僕の後ろまで走ってきて、僕の目を両手で隠した。
二人の足音が近付いてくる。
「ハッピバースデー トゥーユー ……」三人がいきなり声を揃えて、誕生日に歌うあの曲を歌いだすもんだから僕の頭の中は誰の誕生日か考え始める。
(亮輔は…忘れるわけない。今日じゃない。国久かな? でも、国久の誕生日は二ヶ月前だったはずだし。んじゃ、康宏かな? 戸籍作成した時に今日にしたとか? )僕の苦悩を余所に歌は続いていく。
「ハッピバースデー ディア 優夜 ハッピバースデートゥユー」
え? 今日って僕の誕生日だったかな?
暫く考え込んだ後で漸く自分の誕生日だった事に気付く。
最近ずっと忙しくて忘れてた。
121
最初 前へ 118119120121122123124 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ