みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第26章 第二十六話 誕生日そして三人の欲望?
ヤクザさんの誘導で観光一日目を終えた僕たち四人はホテルに来ていた。
そのホテルも代金はヤクザさん持ち。
ただ、部屋が二つ。
二人ずつで二部屋。
両方ダブルベットで亮輔・国久・康宏の三人が駄々を捏ね、結局料金加算で何とか一部屋にダブルベット横付け二つの特注部屋を作ってもらった。
ホテルの人も首を傾げてたけど、やっぱり僕たちがお客だからだろうか、ちゃんと部屋を作ってくれた。
満足そうな三人を見てると僕も少しだけ嬉しくなる。
部屋が出来上がったのは夜の七時。
外は暗くなっていて、今から夜ご飯を食べたとしても暗くなってからでは外は歩きたくない。
僕一人の我侭で、ルームサービスにしてもらう。
「国久。フロントまで行ってきて料理頼んでくれないか? お金は俺出しで良いからさ」亮輔は国久と仲悪いのかな? 
毎回何でかしらないけどお互い引かないんだよね。
これって、もしかして嫉妬かな? 
嫉妬だったら僕喜んでもいいよね?
一応亮輔と僕って恋人同士だし。
でも、今の僕がしてる行動って……
もしかして浮気? 
え? 僕そんなつもりじゃないよ? 
皆仲良く出来たら嬉しいなって。
でも、これって本当に浮気だよね?
亮輔怒ってるかな?
嫌われちゃったかな? 
僕の頭の中は大パニック状態で皆が何言ってるのか理解しないまま唸ってた。
119
最初 前へ 116117118119120121122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ