みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第23章 第二十三話 少年の名前
「僕の大事な宝物の亮輔の腕の中、今の時間だけは貸してあげる。一回試してごらん。暖かいから」小声で話して少しだけ背中を押す。
彼は戸惑いながらもゆっくり亮輔の腰に手を回す。
亮輔はさっきまで怯えてた少年なのに急に大胆な行動を取ってたから、吃驚したらしく、僕に視線を流してた。
仕方なくジェスチャーでハグの行動をすると、そっと亮輔の腕が男の子を抱きしめる。
少年の顔は安らかに落ち着いた顔をしていた。

僕はそっと両親と病室を出て待合室に行く。
面会終了していたから、人は全く無く、物静かで椅子だけがぼんやり月明かりで浮き出てた。
「それで、あの子はどうしたの? 優夜が急に一緒に暮らしたいって理由も無く言う子じゃないものね? 」心配そうに僕の顔を覗き込む。
「話せば長くなるんだけど、生んでくれた母さんから手紙が今朝届いてた。それで受験終わって家に帰ろうとしてたらヤクザの乗ってる車に誘拐されちゃって。監禁されてた。その時にさっきの男の子が助けてくれたんだ。見た感じは何も感じないかもしれないけど、体中に生々しい切り傷の跡があって、自分はどうせ一人だから僕だけでも、家族がちゃんといる僕だけでも逃げてって」それ以上は言えなかった。
涙が出続け、彼の事を話せば話すほど自分の『血』がお母さんと繋がってない事実を刻銘に刻まれていくようで。
「そう。ご家族はお元気なのかしら? 」僕を抱きしめながら、そっと呟くお母さん。
「殺されたって。そして自分は戸籍も出生届も無いから迷惑掛けちゃうから置いていってって。でも、置いていけるわけないよ。僕だってわかるもん。家族と血繋がってないし。でも、お父さんもお母さんも亮輔も皆僕の事大事って思ってくれてるのわかるし、僕も大事だから。でも、あの子にはそれが無い。そんなの可哀想過ぎるよ! 」そのままワンワン泣き続けた。
いつの間にかお父さんが居なくなってて、お母さんと二人で、病室まで帰る。
105
最初 前へ 102103104105106107108 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ