みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第23章 第二十三話 少年の名前
その日の面会時間ギリギリにお父さんとお母さんが病室に飛び込んできた。
当然少年にとっては知らない人で、僕の胸に飛び込んで何をされても離さないって意思表示しっかりしてた。
それがまた可愛くって可愛くって。
昔の僕が亮輔に引っ付いてた時亮輔はこんな感じだったのかな?と素直に思ってしまう。
亮輔を見ると少年を見ながら口の端をヒクヒクさせてた。
どうも僕を少年に取られて嫉妬? してるみたいな顔してる。
「優夜。大丈夫なの? 」お母さんが少年の頭を撫でながら静かに聞いてくる。
「僕は大丈夫だよ。それより、これ以上撫でない方がいいよ。お母さん。夕方触れられるのが怖くて噛み付いてたから」ちょっとだけ冗談半分で言うと少年はいじけ顔でこっち見てた。
ちょっと突いたらすぐに反応が返ってくるのは凄く子供らしくて嬉しい。
昨日まで子供らしい行動は何一つ見えなかったから。
「大丈夫よ。噛まれても大丈夫だから。伊達にこれまで貴方を育ててきたわけじゃないもの」にこやかに笑いながらお母さんは安堵の溜息を吐いた。
「ねぇ、君。亮輔と少しだけ二人で居れる? それともまだ僕と居なきゃ不安? 一応亮輔は僕のお兄ちゃんだけど、僕の一番大切な人なんだ。だから大丈夫だよ」耳の傍まで口を寄せ小声で囁く。
少年は僕の顔と亮輔の顔を交互に見ながら、複雑な不安の色で最後に僕を見た。
「大丈夫だよ。すぐに戻ってくる」ニッコリ微笑みかけ、彼を安心させる。
そっと亮輔の手が彼の頬に触れる。
過剰な反応をして亮輔の手から離れ、僕に必死にしがみ付く。
「亮輔ぇ! この子怯えちゃったじゃない! 急に触ったらこの子位の年はびっくりしてしまうんだから! あ。亮輔はこの子と同じ位の時に僕をお姫様抱っこしたんだったね。あれ、凄く怖かったんだからね! 亮輔だって気付かなかったら殴り飛ばしてたよ! 」ここぞとばかりに昔の事を蒸し返す。
「びっくりしたでしょ? ごめんね。でも、悪気無いんだと思うよ。だから許してあげて。事情も何も知らないから僕と初めて会ったときみたいにスキンシップとって仲良くなりたいんだと思う。別に君に危害を加えようと思ってないから。そういう人だったら僕がさっさと蹴り出してるから」最後の一言はちょっと言い過ぎたかな?と思いながらも、彼の笑顔がわかったと言っている様で嬉しかった。
104
最初 前へ 101102103104105106107 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ