みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第23章 第二十三話 少年の名前
その日の夕方。
数名の大人たちが僕の下へ来て、静かに少年と僕と亮輔に話し始めた。
「優夜君だったかな? はじめまして」ニッコリ微笑んだおじさんは優しそうな人だけど、気を抜いちゃダメな感じがする。
少年は僕の肩に手を回してただひたすら僕にしがみ付いてた。
「その子出生届出てないのは知ってるかな? 」
「知ってる。でも、だからって何だって言うの? もし、この子に何か嫌がる事するなら例えおじさんでも許さないよ? 僕の大事な友達だから」つっけんどんに言い放ち、そのままそっぽを向く。
大人なんて、生んでくれた親なんて、信用できるか! 僕たちが二人だけで裸のまま逃げ回ってた時でも、誰も手を差し出してはくれなかった。
怪我してるって判っても、誰も病院の場所を教えてくれなかった。
「優夜君。私たちは彼にひどいことをしようなんて思ってないよ。ただ、数日の間でちゃんと戸籍とかそういった物をちゃんと作ってあげないとこの子はずっと一人ぼっちなんだよ」それだけ言うとそっと少年の頭を撫でる。
その撫で方は優しくて少年を安心させるような撫で方だった。
「嫌だ! お兄ちゃんと一緒に居る! 誰がお前らなんかと一緒に行くか! 名前なんて要らない! 住所も要らない! 何も要らない! このお兄ちゃんだけ居てくれれば十分!! 」少年はおじさんの手に思いっきり噛み付く。
亮輔とおじさんは何とか少年を離そうとムキになるけど、僕はそっと彼の頭を撫でながら、耳元で静かに言い聞かせる。
「そうだね。君にとって心から信じれるの僕しか居ないもんね。他の人は信用出来ないよね。でもね、僕も信用出来ない大人は沢山いる。だからといって僕らは一人で生きれるわけじゃない。誰かに、大人の人に頼って生きてる。ご飯を食べれるのも、誰かと一緒に居るのも親とか大人が居てくれるから。だからもう離してあげて」ゆっくりゆっくり彼が安心できるようになるまで口を離してもそのまま撫で続けた。
亮輔は僕の気持ちを察してくれたのか、廊下におじさんたちを連れて行って廊下で謝ってる声が聞こえた。
103
最初 前へ 100101102103104105106 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ