メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第2章 青く光る石のペンダント
「アルファロは、もっと優しい男じゃ。お前さんには、妙にキツく当たっておるようじゃが…。気にせんで良い。きっと、何か訳があるんじゃよ」
 そう、それが言いたいが為に、屋敷に残り、わざわざセリエルの前に現れた伯爵だった。アルファロの性格を誰よりも理解している伯爵は、どうしても、仲が拗れてしまっているセリエルに、それを解ってもらいたかった。
「…訳!? そんなのないよ。ただ、あたしが嫌いなだけ。さっさと家を出ていけ、て暗に言ってるのよ。いつもいつも、忌々しいったら!」
 文句を言いながら、また前を向いて、洗剤の泡で見えなくなったお湯の中を、落とした皿を手探りで見つけると、洗い直す。そんな、怒りで、周りがよく見えていないセリエルに、オルレイン伯爵は苦笑しながら、それでも気が済んだのか、スゥッと、また姿を消した。
「この間なんか、寝ているあたしの部屋に、ノックも無しで入ってきてさ、…いつもより1時間も早いのに、叩き起こされて。朝飯作れって、たったそれだけだよ。あぁ、違う、休みの日だ! 仕事の日じゃなくって、どっか遊びに行くからって、それだけで、つき合わされたんだよ。自分で作れって言ってやろうかと…」
 共感してくれてるものと思いこんで、後ろを振り返ったセリエルは、そこにいるはずの伯爵の姿を見つけられないと、ポカンとして、また手から皿を滑らせてしまった。
「な、…なんだよっ、人が喋ってるのに!!」
 急に横に立ったかと思ったら、断りもなく、また消えるだなんて。
 男って、自分勝手!?
「嫌な感じっ」
 物に当たるのは良くないのだが、さすがに、シンクの端をドンと叩いてしまった。
 むー、と唸る。
 持って行き場のない怒りを、なんとか静めると、そりゃ、他人の愚痴なんか聞きたくもないか…と、少しだけ反省した。
 そして、まだ伯爵にお礼を言ってなかったことを思い出すと、シュンとする。
「…今度会ったら、ちゃんと言わなきゃ」
 そして、思いを新たにした。
「早く、キラキラ、見つけよう」
 一日でも早く、この家から出ていってやる! …そう固く決意すると、セリエルは、また黙々と、皿を洗い、お湯で流した。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ