メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第9章 デュマの復讐
 アルファロの吐く息が、白い。鼻も少し赤くなってる。夜だから、しょうがないのだけれど…、自分を迎えに、こんな寒空の中、わざわざ出向いてくれたということが、複雑な気分になった。日頃の言動からは、想像がつかない。しかも、あんなにキツいこと言って、反対押し切って飛び出したのに…。少しだけ、胸が熱くなっていくようで、やっぱりとても…複雑になった。
 彼は彼で、保護者としては、至極当然な行動だと、言うのだろうが。
「セリエル、こっち」
 呼ばれ、雪が踏みしめられすぎて凍っている歩道を、危なっかしい足取りで歩いていたセリエルは、荷馬車が通る道から、向こう側の歩道にいるアルファロの元へと渡った。新雪なせいか、積雪量が多くて足を取られても、滑ることがないだけ、比較的歩きやすい。
 そうして、3人揃って、街の中心地デイストリートにあるアトリエへと到着した頃には、炎はほぼ建物全体を覆いつくしていた。遠目からでもハッキリと分かるほどに、赤い炎が空へと舞い上がっている。野次馬も集まりだし、辺りは騒然としていた。
メキメキッ…、バキッ!
 焼かれた柱が、折れて崩れる音が、至る所でする。
「…こりゃ、ひどいな」
 手がつけられる状況には、もはやなかった。ほぼ全焼だろう。
 火消しのできる人間や設備は、残念ながら、ない。隣近所に火が燃え移らないようにするだけで、精一杯だった。
 周りの建物とは多少の距離があるせいか、今のところは延焼せず、アトリエのある建物だけが燃えている。そこは不幸中の幸いか。
 それでも…。
「中の絵は、全部ダメね…」
 サマンドが、悔しげに、燃え上がる炎を見上げた。その頬や、瞳が、紅く色づいているのを見て、セリエルは胸が締め付けられる思いがした。
 今まで描き溜めた絵が、すべて目の前で燃えてしまっているのだから、誰だって、絶望する。心神喪失で、炎の中へ飛び込んで行かないだけ、まだマシだった。
「…!?」
 アルファロが、ふと、人だかりから離れた場所の、建物の暗がりの方を振り返る。
71
最初 前へ 68697071727374 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ