メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第8章 ルディアンの杞憂
 アルファロが慌てて手を伸ばすが、間に合わない。外に出たセリエルは、振り返って、
「あたし、お子ちゃまだから、別に良いでしょ!? 胸だって、出てないし」
と、そう言い様、あっかんべーと、舌を出したものだから、アルファロは言葉を失った。それでも、追いかけようとするが、横から、
「アルファロ、お勘定まだよっ」
とマイラに咎められて、気がそがれたせいか、伸ばした手を下ろしてしまった。
「サマンド! これ、ありがと!!」
 ノートを見せて、そう感謝すると、雪が本降りになる中、サマンドが手を振ってくれたのを合図に、マイラは笑顔を取り戻した。
 セリエルと仲良く店を出て行ったのを見送ると、それ以上、2人を追いかける気が失せてしまったアルファロと共に店の中へと引っ込む。
 まぁ…いいか、裸じゃないって、サマンドも言ってたし。
 そう、自分に言い聞かせながら、席に戻るが、イラついた様子で、マッチ箱をトントンと手慰みするアルファロを、マイラはからかった。
「ボクは、オモチャじゃないんです…」
「は?」
 アルファロが、顔を上げると、マイラがこっちを見て、おかしそうに笑っていた。そのマイラの変な独り言に、ウケたのはルディアンだけだっただろう。
「マッチ箱の気持ちが分かる人なんて、他に知らないよ」
 面白い人だと、ルディアンが苦笑する。前々から、そう思っていた。だから、好きになったんだが、中々、距離を縮めさせてもらえない。
 年の差が、ありすぎるのか…。
 ルディアンが溜息をつく側で、知らないうちに、2人とも喧嘩をやめて、自分を面白がって見ていることに、アルファロは機嫌を損ね、ふてくされた。
「サマンドが人物画を描こうと思うなんてね」
 意外…と感想を漏らすマイラに、アルファロは、カウンターに肘をつくと、その頬を手であてがいながら、昨日、雑誌社の依頼を、彼女が断っていたことを思い出した。
 妹で挫折したことまでバラして、丁重に断っていたのに…、気を変えたのだろうか。デュマも言っていた通り、勢い、描くって言ったら、プロだし…、下手な絵は披露できない。これから、練習でもするつもりなのだろうか、と。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ