メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第1章 キラキラを探してください
「子供の相手は、苦手か!?」
 重く沈んだ表情で、椅子に腰を下ろしたアルファロだったが、前髪をかき上げると、気持ちを切り替え、少し笑って…、聞かれたことに答える。
「子供じゃ、ないですから…」
 なんじゃと!?
 オルレイン伯爵は、一瞬、聞き間違えたかと思ったが、次の言葉を発する前に、アルファロに先手を打たれてしまった。
「あいつのことは…、セリエル、彼女のことは、それ以上は聞かないでくださいませんか」
 真意を推し量れず、オルレイン伯爵はフッと姿を消すと、今度はアルファロのすぐ横に現れた。
 そうして、ジィッと、アルファロの顔を覗き込む。
「…!? なんですか!?」
 微妙に身を引くアルファロだったが、よく見ると、顔も赤く、なにやら、ひどく…、側に近寄ると、冷気が漂ってくるのに気づいて、オルレイン伯爵は、目を細めた。
「…一晩中、外に、あの娘を捜しに行っとったんじゃな…。そんなに心配なら、なんで、キツく当たるんじゃ!? 優しくしてやれば良かろう」
 昔から知ってる間柄だけに、アルファロの取る行動は、伯爵には容易に推測できたが、少女への接し方が、今ひとつ理解できない。
「どういう娘じゃ!? …話してくれんと、ワシも協力できんぞ。訳があるだろうに、あの娘に嫌われるのは、お前さんも辛いじゃろう!?」
 だが、アルファロは俯いたまま首を横に振ると、
「すみません。今は…、答えられません」
とだけ返答するだけで、少女と一緒にいることを説明することはなかった。
 伯爵は落胆し、溜息をついた。
 ワシにも話せん事情とは…。
「昔から…、お前さんは、不器用じゃったな」
 昔人間のワシですら、もうちょっと頭が丸いぞ、とボヤきながら、オルレイン伯爵は、またフッと姿を消した。今度は、本当に、屋敷から去ってしまったらしい。しばらくしても、出てくる気配は感じられず、アルファロは、深く溜息をつきながら、やっとソファに腰かけた。
 ここに来て、早一週間あまり経つだろうか。
 セリエルも戻ってきた。
 オルレイン伯爵とも、再会できた。
 やっと…、本当に、この家に、この町に、戻ってきたんだな…と、実感が伴いながら。
 そこへ、キッチンから戻ってきたセリエルが、テーブルの前までやって来ると、ニコリともせず、手にしていた皿とコーヒーカップをアルファロの目の前に置いた。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ