メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第8章 ルディアンの杞憂
「あら、あたしは水曜かしら。山で愉しんだ翌日は、何やっても楽しいんだけれど、週の半ばまでくるとね、かったるいっていうか、暇なのよねぇ。だから、そういう時に、新作ケーキとか、ショーウインドに出して、お客呼んじゃうんだけど」
 調子の良い時は、何もしなくてもお客が来て、忙しいしね…と、各々、好き勝手に話すメンバーに、サマンドは苦笑しながら、鞄から、茶色い包み紙を取り出し、マイラへと手渡した。
「木曜が良いのはお前だけな。オレは、火曜か水曜だ。オレは、たまにしか寄らないけど、一応メンバーにされてる。まぁ、宜しく。あ、あの絵。書斎に飾らせてもらってるよ。良い絵だ」
 アルファロに褒められて、自分の絵が大事に飾られてるのだと分かると、サマンドの笑顔が一段と眩しくなった。
「嬉しいわ。ありがとう。あたしは、土曜かな。平日外をウロつき回ってるから、週末には腰を落ち着けたくなるのよね。今度、木曜にお邪魔させていただくわ。読みたい本、溜まってるんだけど、家にいると、読書って気分にはならないのよね。これから、宜しく」
 アルファロが、先にサマンドと知り合っていたことを意外に思いながら、受け取った包み紙を、中を開いてみて、マイラの瞳が輝いた。
「うわっ、これ…」
 その嬉しそうな驚きの声に、ルディアンが反応した。マイラの手の中には、青い手作り風のノートが数冊あった。
 よく見ると、旧時代の詩家の手書きの詩が印字された長細い短冊が、表紙に貼りつけられている。
「仕事先の知り合いが、スーパーでフェアをやっててね。足を運んだ記念にって、好きな物をくださったのよ。ちょうどそれが目について。よく見たら、リューリアの詩って、説明書に書いてあったから。あなたへのお土産にしようと思って、いただいてきちゃった。貰い物だから、気にしないで」
 リューリアという名を耳にして、ルディアンが目を丸くした。
「リューリアって…、あの、東のテールーン王城で、昔有名だったっていう、政権の中枢にいた、詩家の人!?」
「うん、そうそう。その人。マイラが好きなんですって」
「やっ、サマンド! それ、言わないでったら!!」
 慌てて、口止めをしようとするマイラだが、もう遅い。全員が、聞いてしまった後だ。バツが悪そうに、顔を赤くして、ノートを胸に抱くマイラを、サマンドが、口に手を当てて、見る。
「あ、ごめんなさい。秘密だったの!?」
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ