メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第8章 ルディアンの杞憂
 カップを傾ける手が止まって、ルディアンは、奥へと引っ込むマイラの後姿をジッと見つめた。
「…」
 環境や、立場!? 許されない境遇の恋…なんだろうか!?
 その先を、もうちょっと突っ込んで聞きたい衝動に駆られたが、これ以上は煙たがられるかな…と、ホゥッと息をついた。
 腹立つな…、その男…。
 白い息が、手に触れて、妙に熱っぽく感じる。
────────── 身分の差は、関係なし…か。
 少し嬉しそうに微笑した時、ドアベルが鳴った。見ると、アルファロとセリエルが、連れ立ってやってきたところだった。
「なんだ、今日はお前だけか!?」
 気安く話しかけてきたのは、同じ読書仲間のよしみからだった。出会ってまだ3度目だが、お互い、この街より南にある、ポーシャルドーの図書館や町並みを知っていたせいか、すぐに打ち解けた。
「祝日は、いつもやってないしね。こんにちは、セリエル」
 笑顔で挨拶してくれたルディアンに、出会ってまだ2度目のセリエルは、ぎこちなく会釈する。
「この面子だけだと、貸切みたいだな」
 ルディアンの隣に腰掛けたアルファロは、戻ってきたマイラに、ホットコーヒーを頼んだ。
「あ、こいつはミルクで」
 『こいつ』と指差された挙句、勝手にメニューを決められて、セリエルがムッとして、すぐに訂正する。
「ローズティーで!」
 強気の攻勢に、マイラがプッと噴き出した。
「負けてないわね。その調子よ」
 そうして、受けたオーダーを手早く作っていると、今度はサマンドが合流した。
「あら、今日は皆さんお揃いで。もしかして、例の、読書会!?」
 墓地帰りだと知ってるセリエルは、後をつけたことを、彼女には気づかれていないようだと知って、安堵しながら、読書会!?…と、アルファロを振り返る。
「今日はたまたまよ。やってるのは、大抵木曜かしら。時間があったら、いつでも来てね」
 マイラが答えると、ルディアンが相槌を打った。
「あの曜日が、週の中で一番、息抜きしたくなるんだよね。女性の参加が増えるのは、大歓迎だよ。宜しく」
57
最初 前へ 54555657585960 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ