メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第7章 賑やかな尾行
 自分が死んだのは、今から1年半前。今日は、自分の命日じゃない。ただの、月命日…。それは、月が違う、同じ日付というだけの日。墓地の近くに住んでる物好きしか、墓参りなんてしない。両親の墓にだって、あの女は献花してるはずだわ。世間体を気にしてるのよ。それだけよ。
「…形、だけよ」
 成人してからはほとんど会わなくなった姉。その暮らしぶりを知れば知るほどに、復讐したい気持ちが薄らいでいきそうに思えて、デュマは危機感を持ち始めた。
 あたしは、姉さんが憎かったはず。こんな、…死んだ身内の墓に献花するぐらいの善行なら、誰だってするわ。
 騙されないわよ!
 そうして、デュマはキッとアルファロを敵視した。
────────── この男…、もしかして、あたしにサマンドに復讐させるのをやめさせようとしてる訳!?
 疑心暗鬼に陥り、そのままデュマは、フッと、姿をかき消してしまった。
「あ、デュマ!?」
 名前を呼ぶが、彼女は応えなかった。すでに、どこかへと飛んでいってしまったらしい。不安になって、アルファロに、
「こんなに妹のこと想ってるサマンド、本当に復讐するの?」
と問い質すが、彼は答えてくれなかった。
 墓地を出ると、途端に手を離され、ますます互いの心の距離感を感じる始末で、セリエルの気持ちが沈んでいく。
 本当に、家族って…、こんな感じなんだろうか…と。
 だったら、あたしは…、血が繋がってなくて、良かったのだろうか。
 なんだかその先の気持ちを自分でもはっきりさせたくなくて、セリエルは、アルファロから少し離れて、後をついて歩いた。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ