メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第1章 キラキラを探してください
 バスタオルを見つめて考え込んでいたセリエルだが、
「勘違いするな。飴とムチだ。バカは使いようってな」
とアルファロに突き放されると、心を見透かされた気がして、ムキーッと怒り心頭になった。
「バカって言う奴が、バカなんだ!!」
 アルファロに冷たくなったバスタオルを投げ返すと、靴音高く、デスクの上の皿を持って、キッチンへと向かう。
「気性の激しい…」
 口笛を吹いて、セリエルを見送ったアルファロだったが、少しすると、寂しそうに溜息をつき、バスタオルをソファにかけ、頭をかいた。
「お前さんらしくないの…。あんな言い方してたら、そりゃ、家出もしたくなるじゃろう」
 いきなり、天井から声がして、アルファロの手が止まる。
「伯爵…、帰ったんじゃないんですか!?」
 苦笑して、少し咎めるように聞くが、伯爵はまったく意に介していない。
「あんなに可愛い娘なのに」
 天井からは、今しがた帰ったばかりのオルレイン伯爵が、逆さまに、顔だけ出して、アルファロを見下ろしていた。恐ろしいのが、被っていたシルクハットすらも、手で持っている訳でもないのに、頭から落ちてこない。
 そう、オルレイン伯爵は、生き人ではなかった。あの世の住人、つまり、幽霊だ。
 ヴィスコンティ家のご先祖様であり、今でも屋敷はおろか、町全体を見守る守護霊のような存在だった。可愛い孫娘が成人するまでと、屋敷に残るうち、その孫の孫の孫まで、目が離せなくなり、とうとう死後数百年も、町をウロつく、放浪爺になってしまった。自分の縄張りの範疇なら、アンテナを張り巡らしたかのごとく、意識が物事とシンクロしやすいらしい。どこで何があったかとか、自分の興味を引くものなら、なんでも手に取るように分かるという。自分の屋敷に関しては、それはもう身体の一部と同じようなものだそうで、誰がやって来たかとか、逐一肌で感じるものらしい。
 なにか、化け物のような感じがするが、町の住人にとってはありがたい存在なのだろう。アルファロにしても、霊が見える特殊な能力があるせいか、小さい頃から可愛がってもらった、本当の祖父のような存在ですらあった。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ