メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第7章 賑やかな尾行
 素直さなら、あたしの方がよっぽど持ってるわ。好きな男には一直線だったんだから…と、元彼を思い出し、うっとりする。でも、自分より若い娘に浮気されて、すぐに別れたことまで思い出すと、デュマはげんなりした。
────────── 本っ当、男って、浮気性なんだから!
 アルファロだって、元はカッコいいんだから、すぐに浮気するわよ。しっかり捕まえてないとね。
 だから、あたしがせっついてあげてんのよーだ…と、デュマは自分の面白半分の茶化しを、正当化した。
 そうこうしてるうちに、油断したせいか、アルファロの姿が消えていることに気づき、セリエルが慌てた。
「あれ? あれ!?」
 さっきまで、20、30メートル先を歩いてたのに。
 サマンドは、その先の方を、ゆっくりと歩いていて、特に変化はない。アルファロだけが、消えた。
 往来する人々をかきわけ、アルファロの姿を捜すが、どこにもいない。すると、横から手が伸びて、セリエルは腕を取られた。
 びっくりして右手を見ると、怖い顔をしたアルファロが、自分の腕を掴んで、睨んでいる。待ち伏せしていたらしい。
「お子ちゃまのくせに、オレを尾行するな」
 昨日で飽きたかと思ったのに…、伯爵め、まかれたな…。そう思いながら、アルファロがうざったそうに、そう忠告すると、セリエルは頬を膨らませた。
「お子ちゃまじゃないもんっ!」
「どう見ても、ただの11歳」
 ガーンとショックを受けて、セリエルが口を噤んだところで、アルファロは、今度はデュマを見て、釘をさす。
「家の者はまきこまないでくれ。こいつは、関係ない」
 少し離れた所で2人を眺めていたデュマは、行き交う人々を避けるでもなく、スゥッと、そのままの体勢で近寄ってきた。
 そして、アルファロのすぐ目の前までくると、ピタッと空中停止し、不気味に微笑む。
「あら、あたしがやったとでも!? 昨日も今日も、ついてきたのは、セリエルの意志よ。あたしがそそのかしたんじゃないわ」
 悪びれた様子のないデュマを、アルファロは注意深く牽制しながら、セリエルの腕を離し、キツく言った。
「とにかく、帰れ。デュマも。オレのやり方に同意できないのなら、ついてくるな…。ついてきたいなら、おとなしくしてろ」
 なんだかんだ言っても、彼女は依頼者当人だ。知る権利がないとは言えない。
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ