メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第5章 風景画家サマンドとその妹デュマ
「私は、マイラとは去年知り合ったばかりよ。あなたは、帰ってきたばかりですってね。これから、ちょくちょく会うことになると思うけど、どうぞ宜しく」
 差し出された手を、アルファロは右手で握り、こちらこそ、と挨拶を返した。肩に担いでいるのは、画材一式だろうか。どこから帰ってきたのか、太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりのように、サマンドはカラッとした笑顔を向けた。
「ゆっくりしていって。全部、あたしが描いた絵よ。マイラのお友達なら、お安くして差し上げてよ」
 言って、ウインクしたサマンドに、アルファロは、フッと笑みをこぼした。
「それは、どうも」
 安くはないが、びっくりするほど高くもなく、貴族の末裔として、資産に余裕があるアルファロには、お小遣い程度で買える金額だった。
 そういえば、家にある絵は、ほとんどが父親が買い求めた物ばかりで、絵画に詳しくない自分でも、有名画なら記憶に残っている。けして、美的感覚が悪い訳じゃない。そのアルファロの目から見ても、サマンドの絵は、十分魅力的なものだった。
 一枚あっても…良いかな。特にこのグレッグ山脈が、気になってしょうがない。
 調査の件はそっちのけで、絵の購入に真剣になりだしたアルファロの耳に、奥から出てきた腰の低い中年男性の声が届いた。
「どうも、このたびは、お忙しい所、我が社の取材に応じていただきまして、誠にありがとうございます」
 そう言って、彼は、サマンドに名刺を差し出した。
「あら、ルヴィンター社さん。ご無沙汰です。遅くなりまして、すみません」
「いえいえ、こちらこそ」
 話しこみながら、奥へと引っ込んだサマンドを見送った後、
「本当に、あの人!?」
と、アルファロが、姿の見えぬ隣人に問いかける。
「そうよ…」
 少しして、静かに答える声。その声がした方を見ると、デュマが、建物の柱に身を潜めながら、恨みがましそうな目で、サマンドのいる方を睨んでいた。
「放浪癖は、相変わらずね…」
 山とか、町並みとか、気ままに渡り歩いては、ところかまわず絵の具や筆をおっ広げて、画板に絵を描いていく女。ほとんど家に帰らないのに、両親の愛情は、すべて才能溢れる彼女へと向かった。妹のあたしの存在なんか、まるで無視。
 あんたのおかげで、何のとりえもないあたしは、どれほど悔しい思いをしたか。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ