メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第5章 風景画家サマンドとその妹デュマ
 セリエルは、いてもたってもいられなくなって、急いで玄関へと階段を駆け下りると、外套をはおり、外に出て、ドアのカギをきちんと閉めてから、アルファロたちの後を追った。
 建物の陰から、つかず離れずの距離で、2人の様子を窺うが、どうにも居心地の悪さを覚える。
 アルファロの側に、ピッタリと寄り添う彼女の存在が、どうにも恨めしかった。
 まるで恋人同士みたいで…。
 ムッとした表情で、アルファロを睨むが、土台、こちらには気付いていない。時折、デュマと親しげに話している以外は、普段通りだ。
 きっと、愛らしい顔をしてる女性なんだろう。ドアップで見た時は、あまりに不気味でよく観察できなかったけれど、目鼻立ちのよく整った、可愛らしい女性だったように思う。身長だって、一緒に歩いてても、違和感がないし。
 あたしと歩いてると、本当、兄妹にしか思えないし…。
「…っ」
 なんか、虚しい…。
 人の後を追うのって、性に合わないな…と、そんな風に思った時。
「ごきげんいかがかな!?」
 呼び止められて、振り返ったセリエルの目の前には、品の良い紳士…オルレイン伯爵が立ってこちらを見下ろしていた。
「あ、こんにちは」
 軽く、帽子の鍔の辺りを持ち上げ、挨拶してくれた伯爵は、
「おやおや、今日も可愛らしいね、お譲ちゃんは」
と、目を細めた。
 慌てて、セリエルが話の腰を折る。
「あ、あの…、伯爵、ごめんなさい。今はちょっと時間があまりなくて…」
「何をそんなに急いでるんじゃ!?」
「何をって…」
 アルファロの後を追ってるんです、だなんて恥ずかしくて言えなくて、セリエルは顔を赤くして俯いた。
「あ、…あの…」
 もじもじして、なんとか場を繋ごうとするが、焦る気持ちだけが増していく。
────────── あぁダメだ、こんなことしてる間に、アルファロたち、見失っちゃう!
 振り返ると、どこかで道を曲がったのだろう。積雪から突き出す街路樹や、立ち並ぶ家々、疎らに行き交う人々の中には、もうすでに、2人の姿は視界から消え去ってしまっていた。
「…」
「どうか、したかの…!?」
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ