メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第5章 風景画家サマンドとその妹デュマ
 その様子をジッと見つめていたサマンドが、今度はこちらにも願い事をもちかける。
「本当、可愛い子ね。…ね、どう!? 今度、モデルやってみない!?」
「…モデル!? それって、絵の、ですか!?」
「そう。付き合ってくれたら、図書券あげるわ」
 満面の笑みで願い事をされては、断るに断れない。でも、やったことがないせいか、緊張しそうで、セリエルはすぐには返答できなかった。
「やってみなさいよ。モデルなんて、やる機会、そうそうないわよ!?」
 マイラに背中を押されるが、どうしても、気が進まない。だって、モデルって…。
 セリエルは恥ずかしげに俯くセリエルに察しがついたのか、サマンドは陽気に笑って言った。
「大丈夫よ、ヌードになれなんて言わないから」
「え? そうなの!? 子供にまで…」
 焦るマイラに、
「だから、言わないったら。あたしは、元々静物画専攻だし」
と、慌てて否定する。
「今すぐでなくて良いから、考えといて。じゃ、また」
 他にまだ用事があるからと、サマンドは手を振って、店から出て行った。


「ねぇ、いつ復讐してくれるの!?」
 その晩、22時をすぎてから、待ちかねたといったように、デュマが、2階の書斎でデスクワークをしているアルファロを問い詰めた。
「あたしは、あなたに、サマンドに復讐してってお願いしたのよ。あいつの周りをウロチョロするだけで、何もしてないって、どういうこと!?」
 今日一日は、大雑把な素行調査のみで、ほとんどが、他の仕事に明け暮れたアルファロは、間延びした返事で、デュマをやり過ごそうとした。
「調査なんか必要ないから、とっとと復讐してよ! 種類はなんでも良いわ。あいつが凹むことなら、全部やって欲しいくらい」
 すぐに行動に移してくれるものと思っていただけに、アテが外れて、デュマはお冠だった。
 アルファロが、溜息をつく。
「…悪いが、いつまでに、という取り決めはしていないし、第一やるのはオレだ。慎重にいかないと、足がつく。それに、君の他にも、仕事があるんだ。もう少し、気長に見てくれないか」
 それを聞いて、頬を膨らますデュマを、まぁ待て…と、宥める。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ