メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第5章 風景画家サマンドとその妹デュマ
 放浪癖とでもいうのか、しょっちゅう外を出歩いては、気に入った場所に陣取り、風景画を描いている新進画家だという。今年に入ってから、この街へとやって来たばかりで、まだ慣れない街中を、物珍しい物を発見しては、メトセラに寄って、マイラと話に花を咲かせている。
「すぐそこで、アトリエを開いてるから、良かったら、いつでも寄ってね」
 子供もペットも、大歓迎よ、そう言って、サマンドはニコッと笑った。
 マイラとは山で出会ったのが付き合いのきっかけだった。アトリエに使えそうな良い部屋を探していて、たまたま近くを通りがかったら、偶然再開した。
「それにしても、たくさん買い込んだわねぇ。オレンジ好きなの!?」
 自分用にも、紙袋1つ分のオレンジを買い込んでいるのを見て、マイラは呆れたように苦笑した。
 待ってましたとばかりに、サマンドが顔をニヤつかせる。
「それがね、お願いがあるの。オレンジで、ケーキ焼いてもらえないかしら!?」
「ケーキ!? それはいいけれど、ホール1個分で良いの!?」
「ええ。親戚の子供がね、1週間後に誕生日なのよ。そのプレゼントにと思って。よくグズる子なんだけど、あなたのケーキなら、きっとおいしくて、夢中で食べると思うのよね」
「オレンジケーキかぁ。おいしそうねぇ。そういえば、まだメニューに加えてなかったっけ」
 ふむふむ…と、マイラは頷きながら、必要な材料を頭で計算し始めた。
「うん、いける。オッケー。作ったら連絡いれるわ」
「良かった、ありがとう」
 2人のやり取りを見てて、ひどく気さくな感じが、素敵だなぁ…と、セリエルは見とれた。
 こんな仕事だと、やりがいあるだろうなぁと思いながら。そして、ふとアルファロのことを思い出し、途端に震え上がる。
 …なんで、あんな訳の分かんない仕事をやるのよ、あいつは!?
「これなら、余分にもう1個くらい作れるわね。セリエル、アルファロにも作ってやろうか」
「え?」
 いきなり話を振られて、セリエルはまごついた。
「一緒に作ろ。これなら、嫌でも反応あるわよ」
 ニシシ…と笑うマイラにつられて、セリエルも思わず頷き返すが…、その怪しい笑いは、一体なんなんだろう!?
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ