メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください -
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2013/07/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
メトセラの仲間たち - 新進画家に復讐してください - 第5章 風景画家サマンドとその妹デュマ
「え? アルファロったら、まだおいしいって言わないの!?」
 せっかくの週末に、朝から依頼人が押しかけてきたせいで、家にいるのが嫌になったセリエルは、カフェ〈メトセラ〉に逃げ込んだ。
「マイラから教えてもらって作ったチェリーケーキなのに、食べるだけ」
 出された分は、ぺロッと平らげるので、残さないだけ、マシなのかな…と、伏し目がちになるセリエルに、マイラは、ふーむ、とアゴに手をやり、考える仕種をした。
「いくら妹とはいえ…、あんまりな仕打ち…」
 ここで作ったケーキを持ち帰っている訳ではなく、ちゃんと、セリエル自身が、家で手作りしているのだから、一言褒めてやっても良いのに。
「アルファロには、手作りだって、言った!?」
「一応…」
 家に居ても、楽しみがない。それでも、仕事はやらされる。ブーブー言いながらも、21時にコーヒーを入れているうちに、マイラのケーキを自分でも作って出してみたくなった。確かに、少々失敗した感じがなかった訳でもないのだけれど…。味はマズくはなかったはず。だって、学校だって通い始めたの、数日前だし、それまで家にいる間、ずっと焼く練習したんだもの。なんでか、記憶喪失なことを苦に萎んでいるよりは、動きたくてしょうがなかった。末裔とはいえ、貴族のお屋敷なんかに、転がりこんだせいだろうか。毎日が、身の回りが妙に輝いて…。例の、地下にまつわること以外は。あ、あと、アルファロにコキ使われること以外は。
 その時、店のドアベルがカランカランと鳴った。
「あら、いらっしゃい」
 顔を上げて、マイラが笑顔でそう言うと、靴についた積雪を軽く落として、スラッと背の高い女性が店内に入ってきた。
「こんにちは。ちょうど近くを通ったから、寄っちゃった」
 彼女がカウンターへと来ると、柑橘系の香りが周囲に広がって、一気に華やいだ。
「安かったから、おすそ分けしようと思って」
 そう言って、マイラにオレンジの入った紙袋を1袋手渡すと、セリエルの隣の席に腰を下ろした。
「あら、あなた、可愛いわね。私はサマンドよ。宜しくね」
 そう言って、差し出された手を、セリエルは握り返す。
「こんにちは。私、セリエルです」
 綺麗な人…。
 肩まで伸ばした、緩くウェーブのかかったブロンドの髪が、とても艶やかで、良い匂いのする、大人の女性だった。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ